1. トップページ
  2. CSR情報
  3. 安全で働きやすい労働環境

安全で働きやすい労働環境


従業員の安全・衛生の確保を最優先とし、関連する法令を遵守することはもとより、安全で衛生的な職場環境の整備に努め、働きやすい健康な職場環境の維持を目指しています。



安全衛生の基本方針と推進施策

当社では、人命を尊ぶ「安全はすべてに優先する」という安全衛生基本方針のもと、社員をはじめ現場の作業員まで、各自がこの方針の意義を認識し、一致協力して災害のない安藤ハザマの確立を目指して活動しています。

安全衛生基本方針

安全はすべてに優先する


2014年度・安全衛生推進施策

  1. 労働安全衛生マネジメントシステムによる安全管理の向上
  2. 安全教育の徹底
  3. 公衆災害の防止
  4. 繰り返し型災害の低減
  5. 健康管理の徹底
  6. 安藤ハザマ協力会との連携強化

人事における基本的な考え方

当社の人事諸制度は、人材を軸に「企業理念」と連携した「仕事→育成→評価→処遇」の人事サイクルを基本的な考え方として構築しています。このサイクルを通じ、当社は社員の「働きがい」や「やりがい」を醸成し、業績向上と社員の自己実現の両立を目指していきます。

人権の啓発に関する基本的な考え方

すべての国民に保障されている基本的人権を尊重し、企業の社会的責任を果たしていく上で、当社では同和問題をはじめとする各種人権問題の解決に向け、さまざまな活動に取り組んでいます。


人権尊重の徹底

当社では、公正採用選考をはじめ、「新入社員全員を対象とした導入教育」や「全役職員を対象とした映像教育、Webテスト」などの教育活動、「人権標語の募集」などによる啓発活動、各種団体における活動など、積極的な取り組みを実施しています。
また、社内には「人権啓発推進委員会」を設置し、毎年活動計画の検討・決定を行っているほか、ハラスメント相談窓口など、迅速な対応を可能とする体制で取り組んでいます。


安全衛生活動の推進

当社では、安全品質環境本部を中心として、安全衛生活動を推進しています。

  1. 安全推進大会の開催・安全パトロールの実施
    本社の安全推進大会を契機に、全国の支店で安藤ハザマ協力会と共催で安全推進大会を開催しています。7月の全国安全週間では本社役員による安全パトロールを実施しています。

  2. 繰り返し型災害の防止に向けて
    当社の労働災害の7割が該当する項目をまとめた【繰り返さない為の安全10項目】やイラストを中心とする独自の安全ルールの水平展開を図っています。

  3. 健康管理の徹底
    社員をはじめ、現場の作業員の既往症など健康状況を管理し、適正配置を図っています。また、健康診断の受診状況について事業主への指導を図っています。なお、現場ではAEDの配備を開始しています。

  4. KSS活動への支援
    労働災害の撲滅に向けて、協力会支部や協力会社が現場で実践しているKSS活動に対して、支援・指導を行っていきます。

    KSS(Kyouryokukai Self Safety)活動
      協力会各支部の定める不安全行動の撲滅による不休災害の低減に向けた自主的な活動

 野村社長の安全週間でのパトロール

KSS活動の垂れ幕


企業とともに成長する「安藤ハザマの人材づくり」

当社では、社員一人ひとりが上位方針と自身の役割・責任に基づいた業績目標を設定し、その達成を目指したスキルアップを、さまざまな教育活動にて促進しています。職場内での育成を図るOJT(On the Job Training)を中心に、階層別や職種別の研修など集合教育によるOffJT(Off the JobTraining)に加え、職場ローテーションや若手勉強会、技術論文執筆などのOCT(On the Chance Training)なども実施して、「人材づくり」に取り組んでいます。
また当社では、次代を担う学生の成長を支援することで建設業への理解を促すと同時に業界イメージの向上に貢献することを目指し、大学生の夏季休暇期間中に実施されるインターンシップの受け入れを行っております。

インターンシップの様子

労働災害の防止

建設業では、繰り返し型の災害が多く発生するため、当社では【繰り返さない為の安全10項目】を定め、墜落や転落など重篤な災害につながる10項目について、安全対策の徹底を図っています。また、「危険に気付き、気付かせる」行動を取ることを重点的に取り組むとともに、新たな安全施策を浸透させるべく、支店訪問や安全集会を行うなど、労働災害防止に向けた全社での水平展開を図っています。

メンタルヘルスケアへの取り組み

当社では、社員の健康も会社の貴重な財産と捉え、Webシステムを活用したメンタルヘルスのセルフチェックを実施しています。このシステムを利用することでインターネットにつながる環境さえあれば、自身の健康度をいつでもどこでもチェックすることができ、その結果に応じたセルフケアの方法を学ぶことができます。このように、体の健康診断だけではなく、心の健康診断を実施することで、心身ともに健康で長く働き続けることができるようサポートを行っています。
また、セルフケアに委ねるだけではなく、社内各部署や産業保健スタッフ、および社外の専門機関などが密に連携を取りながら、各方面から社員をフォローする体制を整えています。

メンタルヘルスチェックWeb画面


多様な人材の活用

当社では、国籍や性別、年齢、障がいなどに捉われず、多様な人材がそれぞれの個性を活かした形でいきいきと働ける職場環境づくりを行っています。
公平でオープンな採用を実現するとともに、採用後においてもより高いパフォーマンスを発揮する社員に対しては、処遇の向上を図れるよう登用制度を設けています。
さらに、近年増加傾向にある育児休業取得者に対して、法定を上回る制度を整備し、仕事と家庭の両立に頑張る社員の後押しをしています。
また、定年後再雇用制度を積極的に活用し、豊富な経験を持つベテラン社員が持つ高い技術力を次世代に継承しています。

ページの先頭へ