1. トップページ
  2. 新着情報
  3. 2017年
  4. 新着情報詳細

2017年


明治神宮薪能へのご招待

2017年7月20日

※今年度の開催は終了いたしました
今年で第36回を迎える明治神宮薪能に、ペアで400組800名様をご招待いたします。
鑑賞をご希望される方は、下記の要領でご応募ください。

■ 名   称 「明治神宮薪能」
■ 日   時 10月9日(月・祝)18:00開演予定
■ 開催場所 明治神宮 拝殿前
(最寄駅:JR山手線 原宿駅または東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前〈原宿〉駅)
■ 演  目

素謡「翁」           梅若玄祥(観世流)
狂言「末廣かり」      野村万作(和泉流)
能 「養老 水波之伝」  梅若紀彰(観世流) 柴田稔(観世流)

■ 問合せ先 明治神宮薪能実行委員会
電話:03-6234-3609(平日9:00〜17:00)
■ 応募締切日 8月31日(木)当日消印有効  ※今年度の応募受付は終了いたしました
■ 応募要領 往復はがきで、往信うら面に郵便番号・住所・氏名・電話番号を、
返信おもて面に郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記へお送りください。
なお、応募はお一人様1枚限りとさせていただきます。

〒107-8658
東京都港区赤坂6-1-20 安藤ハザマ CSR推進部 内
「明治神宮薪能実行委員会 H係」宛
  1. はがき1枚で、2名様をご招待いたします。
  2. 必ず往復はがきで応募してください。
  3. 応募者数が招待者数を超えた場合は、抽選となります。
  4. 抽選結果は9月22日(金)までに、応募者全員へ返信はがきでお知らせいたします。
  5. 応募に際してご提供いただいた個人情報は、本件抽選およびご招待の目的のみに使用いたします。
    詳細につきましては、安藤ハザマホームページの 「プライバシーポリシー」をご覧ください。


往信面



返信面

出演者のプロフィール

梅若 玄祥(うめわか げんしょう)
観世流シテ方能楽師。1948年生まれ。
梅若家当主 二代 梅若玄祥。2018年3月に四代 梅若実を襲名予定。
重要無形文化財各個認定保持者(人間国宝)。讀賣演劇大賞優秀賞(1999年)、日本芸術院賞(1999年)、紫綬褒章(2006年)、日本芸術院会員(2007年)

野村 万作(のむら まんさく)
和泉流狂言師。1931年生まれ。六世野村万蔵の次男。
重要無形文化財各個認定保持者(人間国宝)。芸術祭大賞(1977年)、日本芸術院賞(1990年)、紫綬褒章(1995年)、朝日賞(2007年)、旭日小綬章(2012年)、平成27年度文化功労者(2015年)

梅若 紀彰(うめわか きしょう)
観世流シテ方能楽師。1956年生まれ。故五十五世梅若六郎の孫。
祖父故五十五世 梅若六郎ならびに二代 梅若玄祥に師事。
重要無形文化財総合指定保持者。

柴田 稔(しばた みのる)
観世流シテ方能楽師。1957年生まれ。
故八世観世銕之亟、故観世榮夫、九世観世銕之丞に師事。
重要無形文化財総合指定保持者。


昨年の様子

昨年の「第35回明治神宮薪能」の様子(撮影:三上文規)

ページの先頭へ