安藤ハザマについて

トップメッセージ

代表取締役会長 小野俊雄

代表取締役社長 野村俊明

「良い会社」を目指し、たゆみない進化に挑戦していきます。

私たちが目指すのは、お客さまをはじめとしたステークホルダーにとって「良い会社」になることです。
「良い会社」とは、まず社会的責任を果たし、ステークホルダーの期待に応え確かな満足を提供し、
働く社員が希望と誇りを持てる会社という意味です。
そしてステークホルダーにとって「良い会社」になるということは、技術力や対応力で高い存在感を持ち、社会から必要とされ選ばれること。技術力や対応力で他社よりも一歩先んじることで、安定して利益を出すことができ、
いかなる環境でも成長し続ける会社になると考えています。
その実現のために、ステークホルダーからの要望、期待にこれまで以上に応えて、企業価値の向上を図っていきます。
市場環境は依然不透明であり、厳しい環境であることに変わりはありません。競合は一層厳しくなることが予想されます。
その中で、従来の慣習にとらわれない柔軟な発想と行動で不断の変革を実践し、新しい未来を創造していく考えです。
時代のニーズに的確に応え「良い会社」であり続けるために、たゆみない進化に挑戦していきます。

就職活動中のみなさんに伝えたいのは、「人の痛みをわかり、自分の目で見て考え判断する人」であってほしいということです。
仕事には協調性やリーダーシップなど多くに能力が求められますが、
それらの能力は「人の痛みがわかる」という基本姿勢が前提にあってはじめて活きてくる能力です。
また仕事は、自分の目で見て考え判断することが重要です。
予期しない事態が次から次へ起こる私たちの仕事においては、特に臨機応変に行動することが求められます。
「人の痛みをわかり、自分の目で見て考え判断する」こと。
それを、就職活動を進める中で、心に留めておいていただければと思っています。
その姿勢は社会に出てから必ず活きてきますから。
みなさんの就職活動の奮闘を蔭ながら応援しています。

▲