1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 石炭灰の有効利用
  4. アッシュクリートTypeII

サービス・ソリューション

アッシュクリートTypeII

陸上での石炭灰の大量利用を可能にしたアッシュクリートTypeII

海洋や海岸で使用するブロックを対象に開発されたアッシュクリート技術をベースに、陸上で適用するために開発したものが、アッシュクリートTypeIIです。
バッチングプラントで練り混ぜた材料を施工現場に運搬・敷き均した後に、現位置で超流体工法による締固めを行うことで、1日250m3程度の大量施工をすることが可能です。土壌環境基準値をクリアした安全な材料で、維持管理を必要とせず、長期的に安定した強固な人工地盤や路盤を造成することができます。石炭灰の大量リサイクルにより建材試験センターから環境主張建設資材の適合証明(省資源型1級,環境保全型1級)に認定されています。

使用材料

基本配合(例)/(28日圧縮強度5N〜8N/mm2)

施工方法

現場荷降ろし

敷き均し

現位置での流体化

適用事例

アッシュクリートTypeIIは人工盛土、路盤、ブロック背面裏込め用の材料を中心として、25万m3以上の採用実績があります。

宅地造成盛土への適用事例

軟弱法地補強事例

護岸ブロック背面裏込め

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ