1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 石炭灰の有効利用
  4. ネオ・アッシュクリート:ネオ・アッシュクリートとは

サービス・ソリューション

ネオ・アッシュクリートとは

(本技術は、中国電力、山口大学、安藤ハザマ、テトラの共同研究により開発したものです)

比重調整、製造方法の改善によりアッシュクリートの汎用性を大幅に拡大

アッシュクリートの特長の一つに比重が小さいことが挙げられますが、反面、波などの外力を受ける場所での利用には適さないという問題がありました。これを解決したのが、重量骨材を添加することによって比重調整を可能とした「ネオ・アッシュクリート」です。
使われている骨材は、石炭灰と同様、産業副産物として処理されている金属スラグです。その有効利用に道を開くと同時に、通常のコンクリートと同等、あるいはそれ以上の比重を持つアッシュクリートの製造が可能となりました。
さらに、超流体工法によるブロックの製造に小型振動機を活用することにより、機動性の向上と、低コスト化を実現し、世界最大級の80トン型テトラポッド(消波ブロック)の製造に成功しています。

使用材料

ネオ・アッシュクリートと普通コンクリートの配合比較【圧縮強度20N/mm2

コスト比較

ネオ・アッシュクリートと普通コンクリートのコスト比較

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ