1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 土木構造物の維持・更新
  4. 調査・診断技術:デジタル画像による劣化診断技術

サービス・ソリューション

デジタル画像による劣化診断技術

安藤ハザマは高精細デジタル画像を用いて、コンクリート構造物の劣化状況を定量的に評価する手法を確立しています。また、撮影効率を上げるために開発したレーザーポインタ位置出し装置により、効率的なデジタル画像の取り込みを可能としています。

  • コンクリート構造物の表面変状をデジタル画像として、適正区画に分割して正確に記録。
  • 画像処理ソフトを用いて、あおり・倍率補正・画像合成。
  • 損傷部をトレース・計測して損傷図を作成。
  • 開発したレーザーポインタ位置出し装置により、効率アップ。

損傷画像作成システム

高精細デジタルカメラによる撮影画像→正射投影画像と損傷図

実施例(床版下面の例)

合成画→トレース画像→損傷図

レーザーポインタ位置出し

撮影状況のイメージ→位置表示

撮影状況のイメ−ジ

位置表示

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ