1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 土木構造物の維持・更新
  4. 吹付けモルタルによる耐震補強

サービス・ソリューション

吹付けモルタルによる耐震補強

鉄道高架橋・道路橋の耐震補強工事で抜群の品質と施工性を実証

工法の概要

吹付けモルタルを用いた橋脚の耐震補強工法です。既存橋脚の外周に補強鉄筋を配置し、それを覆うように非常に緻密な組織構成をもつ特殊モルタルを吹付ける工法です。
特殊モルタル中にはビニロンメッシュを配置し、乾燥収縮などによるひび割れ防止を図っています。また、吹付け厚さ管理用ガイドを設置し、適切な出来形を確保できる工夫がなされています。

吹付けモルタル工法概念図

他工法との比較上での特長

  1. 軽量な材料を使用するため、重機が不要 → 極めて制限された空間での施工が可能
  2. 施工後の維持管理が不要
  3. 鋼板補強の場合よりも工期が短縮
  4. モルタルで補強帯鉄筋を保護するため、腐食・火災・衝突など化学的・物理的耐久性に富む
  5. プレミックス材料を使用することにより、容易に安定した品質のモルタルを製造
  6. モルタル表面をコテ仕上げするため、美観上優れている
  7. 補強目的(じん性・せん断)に応じて補強帯鉄筋量(強度・径・間隔)の調整が可能
  8. 機械式・フレア溶接継手により、帯鉄筋の拘束効果を維持

施工システム

施工システム概念図

施工手順

柱洗浄→鉄筋組立→フレアー溶接→モルタン吹付け→ビニロンメッシュ設置→表面コテ上→シート養生→施工完成状況

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ