1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 医療・福祉施設
  4. サポート事例紹介:粒子線がん治療施設事例

サービス・ソリューション

粒子線がん治療施設事例

陽子線などの粒子線がん治療は、照射した際に一定の深さにおいて線量を最大にできるため、病巣だけに集中照射することができ、正常組織の損傷を抑制し、身体への負担を軽減するとされ、高齢化が進む日本において、最先端のがん治療法として注目を集めています。
安藤ハザマでは、最先端医療施設である粒子線がん治療施設の建設において、特殊な設計・施工ノウハウを含め、事業立案・施設建設・運営といった全ての面におけるエンジニアリングサービスにより、お客様をサポートします。

民間初の陽子線(粒子線)がん治療施設『南東北がん陽子線治療センター』

安藤ハザマがゼネコン初となる設計施工でお手伝いした、国内民間初の陽子線(粒子線)がん治療施設である 『南東北がん陽子線治療センター』におけるケースをご紹介します。

概要

福島県郡山市で総合南東北病院を運営する「財団法人 脳神経疾患研究所」が、「切らずに」「外来通院で」「副作用がほとんどなく」「普段どおりの生活を送りながら」がんを治す方法である粒子線がん治療を他の民間医療施設に先駆けて導入したのが、「南東北がん陽子線治療センター」です。
2008年10月に開設された当施設は、地域がん診療連携拠点病院である総合南東北病院と、高度診断治療センターである南東北医療クリニックおよび南東北眼科クリニックに隣接しているため、これらの施設が一体となった総合的治療を提供しています。
当施設には、陽子線を照射する治療室が3室あり、自由な角度から照射できるガントリー照射室が2室と、固定式の水平照射室が1室で、がん病巣の部位によって照射室を使い分けます。

南東北医療クリニック・眼科クリニックも当社の設計施工です。

外観/回転ガントリー室(G1・G2)/水平照射室(HC)

設計

当施設は、粒子線を生成・加速・照射する装置・設備の設置エリア、患者の受付・待合・診察エリア、医療スタッフの治療計画・準備のためのエリアで構成しています。配置計画に際しては、安全な放射線管理区域レイアウト、患者・医療スタッフの効率的な動線などを配慮して計画しました。
放射線の安全管理については、放射線管理区域内外の入退出管理、インターロック、放射線モニタリング、遮蔽、排水管理といった諸対策を行い、安全性の確保に十分配慮しました。また、遮蔽設計では、遮蔽体の効果をシミュレーションし、部位ごとの放射線量を考慮した遮蔽材料(コンクリート、スチール、鉛等)を選定しました。
放射化対策として、コンクリート等の放射化が起こり易い部位を特定し、「メンテナンス時の被曝に関わる短期的放射化」、「解体時の放射性廃棄物有無に関わる長期的放射化」について検証を行いました。

陽子線照射施設内部/遮蔽設計の妥当性確認/シンクロトロン/回転ガントリー

施工

マスコンクリートの水和熱の発生によるひび割れ抑制対策として、調合計画検討と温度応力解析を繰り返しました。水和熱の発生を少なくするため、低発熱型セメント、大粒径粗骨材、適正な化学混和剤を選定、コンクリート打設時の温度応力を解析することで、ひび割れを抑えるコンクリート打設を可能にしました。
また、遮蔽コンクリートの性能保証のため、通常のコンクリートの品質試験以外に、気乾単位容積質量(密度)試験や、打設部位毎の試験結果の整理(トレーサビリティ)等を実施し、照射精度確保のための建物側の検証等を十分に行いました。

マスコン温度測定結果 (加速器室床部分)

コンクリートの温度応力解析例

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ