1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 医療・福祉施設
  4. 関連技術

サービス・ソリューション

関連技術

安藤ハザマの豊富な医療福祉関連技術をご紹介します。

ACSS構法

ACSS構法

圧縮に強いRC(鉄筋コンクリート)柱と、曲げに強いS(鉄骨)梁を独自のディテールで組み合わせたACSS構法。大スパンを実現します。柱をPCa(プレキャスト)化することにより工期の短縮にも貢献します。

技術/研究へ

AHBS構法

AHBS構法

スパンの中央部だけを鉄骨造とした複合構造梁構法。大スパンが必要とされる箇所にだけ設けることができるため、従来の鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造との組み合わせが可能です。

技術/研究へ

APRSS構法

APRSS構法

RC造の柱にSRC梁またはS梁を接合する混合柱梁接合構法。柱をRC造としながら、建物の用途、梁のスパン、および積載荷重などの条件に応じて梁の構造を自由に選択することができるため、十分な空間性を確保し、コストダウンが図れます。

技術/研究へ

プレキャストコンクリート技術

プレキャストコンクリート技術

安藤ハザマは、建物の企画・設計からプレキャスト部材の生産・施工および付帯サービスに至る一連のフローによるトータルシステムを採用しています。工期の短縮・耐久性・環境負荷の低減など高品質施設に貢献する高付加価値工法として活用の場が広がっています。

詳しくはPCaへ

免震構法

免震構法

地震から大切な生命・医療機器を守るのは免震構法。安藤ハザマでは、土地の状況や建物の規模・高さに最適な免震構法をご提案し、防災拠点である医療施設においては、災害時での医療機能の確保を実現します。

詳しくは免震・制震へ

クリーンルーム技術

クリーンルーム技術

院内感染防止策として医療施設で需要の高いバイオクリーンルーム。安藤ハザマでは、バイオクリーンルームの計画、設計から施工管理まで、メンテナンスやリニューアル計画を含めて、ソフト・ハード両面からトータルコーディネートします。

詳しくはクリーンルームへ

光触媒空気浄化システム

光触媒空気浄化システム

天井内のファンコイルユニットに組み込んだ光触媒ユニットによって、室内のVOC(揮発性有機化合物)を分解し、高い除菌・脱臭効果を発揮する空気浄化システム。脱臭や院内感染防止に向けた清浄な室内空気環境をご提案します。

技術/研究へ

氷蓄熱空調システム

氷蓄熱空調システム

医療・福祉施設ではエネルギー関係の費用は大きなコストになります。安藤ハザマではエンジニアリングの観点から、新築だけでなく既存施設においても、エネルギーのロス・ムダを低減する省エネルギー・省コストのシステムをご提案します。

技術/研究へ

WELL&WELL

WELL&WELL

地震などの災害時には水の確保が欠かせません。安藤ハザマの災害時給水システムWELL&WELLは、災害時に必要な水・電力を確保できるだけでなく、通常時でも憩いの場として使えるシステムです。

技術/研究へ

電磁波環境の制御技術

電磁波環境の制御技術

施設内外の不要電波が招く医療機器の誤動作を防止する電磁障害対策技術。安藤ハザマは、事前に磁場環境を計測し、解析により磁気シールドの材料と工法を選定するほか、施工後に磁気シールド性能を確認するなど、良好な磁気シールド環境をご提案します。

技術/研究へ

中性子遮蔽材

中性子遮蔽材

中性子は、高エネルギー医療用加速器などで発生する放射線の一種で、安全上徹底した遮断が求められます。安藤ハザマが開発した中性子遮蔽材は、従来のコンクリートの約2倍の遮蔽能力、約3倍の強度を持ち、さらに低コストを実現しました。PET(陽電子診断装置)およびライナック(電子線ガン治療装置)室に適用できます。

技術/研究へ

「防かび・抗菌」施工システム

「防かび・抗菌」施工システム

安藤ハザマの防かび・抗菌施工システムは、病院建物の新築やリニューアル時の仕上げ工事で、防かび・抗菌処理をしてしまう、新しい発想の「かび・細菌」対策です。

技術/研究へ

屋上・壁面緑化技術

屋上・壁面緑化技術

安藤ハザマの屋上・壁面緑化技術は、エルデ(完全リサイクル人工軽量土壌)とヤシ殻マットという植栽基盤により、草本類主体の省管理型・薄層緑化から、高木植栽の屋上庭園までの多彩な緑化が可能になります。

詳しくは屋上・壁面緑化へ

設備・耐震各診断技術

設備・耐震各診断技術

建物の構造や仕上げ、空調・給排水・電気等の簡易または詳細診断、および旧基準で設計された既存建物の耐震性能を簡易または詳細に診断・評価する技術です。

詳しくは建物診断サービスへ

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ