1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 免震・制振
  4. 制振構法:制振装置

サービス・ソリューション

制振装置

建物本体の構造種別・高さや用途、そして地震や風などの外力の大きさに応じて性能目標を設定し、さらにコストや建物の自由度などを勘案し、最適な制振装置をご提案します。

質量効果機構

建物本体の固有周期と合わせた錘を建物頂部に設置し、錘を揺れさせることで建物本体の揺れを減少させる構造形式です。

エネルギー吸収機構

揺れ幅を抑え、かつすばやく減衰させる減衰装置(ダンパー)を建物各層の壁などに取り付ける構造形式です。
鋼材を主要構造部材より先に降伏させ、鋼材降伏後のエネルギー吸収性能を利用した「履歴減衰機構方式」、粘性材料を用いて建物の動きに粘りを付与する「粘性減衰機構方式」があります。

自動制御機構

建物にセンサーを取付け、建物の揺れに応じて制振装置の効果を最大に引き出すように自動制御する方式で、アクティブ制振構法と呼ばれています。

TMDダンパー
質量効果機構

アンボンドブレース
履歴減衰機構

オイルダンパー
粘性減衰機構

粘性制振壁
粘性減衰機構

粘弾性ダンパー
粘性減衰機構(間柱タイプ)

粘弾性ダンパー
粘性減衰機構(ブレースタイプ)

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ