1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 城郭の復元
  4. 主な実績:天守閣等建造物

サービス・ソリューション

天守閣等建造物

松本城黒門

松本城黒門

場所:長野県松本市
竣工:1959年10月

16世紀初頭の創始とされる松本城は、四つの国宝城郭の一つです。白漆喰と黒塗りの下見坂の美しいコントラストと、本丸正面の重厚な黒門が特長です。安藤ハザマでは、1959年に黒門の復元工事を手掛けました。

白石城復元

復元された三階櫓と大手門土塀

場所:宮城県白石市
竣工:1995年3月
設計監理:(有)建築文化研究所

中世に築城された白石城は、1874年の民間払い下げによる解体から1世紀以上の時を経て、1995年に再びその姿を現しました。復元されたのは、本丸内にあった三階櫓(天守閣)と大手一ノ御門、ニノ御門、土塀。柱に桧、床に青森ヒバ、梁に松を使った日本古来の「木組み」、8寸(約24センチ)の厚さに19工程を要する土壁塗り、そして発掘されたものを忠実に再現した4万枚以上の瓦を使っての瓦葺き。木造による本格的な城郭の復元という、日本で初めての試みを成功させました。

木組みの状況

熊本城跡未申櫓

熊本城跡未申櫓

場所:熊本県熊本市
竣工(未申櫓):2003年7月

熊本城では、加藤清正が築城した城郭全体を対象に、往時の姿を復元すると共に、人々に愛され利用される整備を進め、築城400年にあたる2007年までに、本丸御殿をはじめ、西出丸塀、戌亥櫓、元太鼓櫓、奉行丸塀、未申櫓、南大手門、飯田丸五階櫓など熊本城への登城ルートの建造物を復元しました。

当社が担当したのは未申櫓の復元工事です。復元にあたっては、歴史遺産、文化財としての価値を重視し、できる限り史実に忠実に復元できるように配慮しました。

会津若松城(鶴ヶ城)

会津若松城(鶴ヶ城)

場所: 福島県会津若松市
竣工: 1965年9月

現在の天守閣は明治政府による取り壊しから約90年の時を経た後、再びその姿を取り戻しました。復元にあたっては、老朽化した天守台の石垣に過大な力が働かないように配慮しました。

名古屋城

名古屋城

場所: 愛知県名古屋市
竣工: 1959年7月

第二次世界大戦の空襲で炎上、焼失した天守閣は鉄筋コンクリートづくりで再建されました。
外観は原型通りで、大天守地下一階の井戸(黄金水)は昔のままです。
また、天下普請により多くの大名が動員されてつくられた石垣の壮大な迫力は、少しも損なわれていません。

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ