1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 建物リニューアル
  4. 各種診断メニューとフロー:HACCP診断サービス

サービス・ソリューション

HACCP診断サービス

HACCP導入のメリット

  • 先行導入による同業者との差別化

  • 効率的、効果的な監視・計測による生産管理機能の向上

  • 従業員と一体となった推進による従業員のモラルの向上

  • 欧米などへの商品輸出

HACCP診断状況(食品工場事例)

工場に入る前に粘着ローラーによる毛髪・埃の除去を行っているところです。

外部搬出入口の指摘事項
工場内外にセンサー式のオートドアが設置されており外部にエアカーテンが設置されている。
前後の扉開閉にインターロックをとることが望ましい。

製造ライン内の床の指摘事項
塗り床に痛みの目立つ箇所があり、補修が必要です。

サービスソリューションへ

診断結果採点の例

総合評価 (総得点  78/102点)(70点以上が概ね良好な目安)

材料搬入から製品搬出までの工程において動線の交錯、清潔作業レベルの混在がみられ、人、原料、資材、製品、ゴミの移動に伴い清潔エリア内への粉塵、異物などの持ち込みや、虫の侵入が想定されるため、各ゾーンの境界部分における防御策を強化し、清浄エリアの区画などの計画的なレイアウト変更が今後の重点課題です。また、建物の防災、安全面 も考慮して改善向上を図ることが望まれます。

各項目評価
ハードA 食品工場の立地・ゾーニングおよび動線計画

評価点

20/27点

評 価

周辺環境を意識した防虫対策の強化が課題です。また、入出荷、製造ラインの動線を整理し、汚染交錯が生じないように改善が望まれます。

ハードB 製造エリアの施設・設備

評価点

21/33点

評 価

内装材の仕様はとくに問題ありませんが、防虫策として窓、その他照明器具等の隙間の徹底処理を図り、出入り口の開閉仕様を改善する必要があります。

ソフトC 作業の衛生管理手順と実施状況

評価点

24/27点

評 価

製品ISO9001の導入により衛生管理手順は概ね標準化され実施していますが、一部、管理の記録が整備されていない部分が見うけられます。運用上の管理を徹底しその記録を確実に残すことが重要です。

ソフトD 衛生管理体制の整備と維持

評価点

12/15点

評 価

自社管理基準に基づく管理体制は概ね整備されています。 従業員の教育及び疾病管理について、定期的な管理に加え 日常の管理についても記録の整備を行ってください。

※ 以下のチェック項目では、「3点:良」、「2点:普通」、「1点:悪い」とする。

※ 今回該当しないと思われる項目は「対象外」とし、観察できなかった項目は「評価外」といたしました。

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ