1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 土壌環境修復
  4. 揮発性有機化合物(第一種)の浄化:原位置抽出・揚水工法

サービス・ソリューション

原位置抽出・揚水工法

揮発性有機化合物で汚染された地盤を原位置で浄化する方法には、原位置抽出法、原位置分解法があります。安藤ハザマが取り組んでいる原位置抽出法として、(1)不飽和帯の揮発ガスを吸引する土壌ガス吸引法、(2)飽和帯に空気などを注入して揮発を促進するエアースパージング工法、(3)飽和帯の汚染地下水を揚水する地下水揚水法、揚水バリア工法を紹介します。また、安藤ハザマが独自に開発した炭酸水による抽出促進工法であるCAT 工法をご紹介します。

各工法共通の適用範囲と特長

技術の位置づけ

原位置浄化法の中で原位置抽出法

対象物質

揮発性有機化合物

適用土質

透気性、透水性の良い地盤

工 期

長期間となる

特 徴

汚染状況の的確な把握が必要
浄化予測が容易ではない
稼働中の施設でも適用が可能

土壌ガス吸引法

地下水位よりも上に存在する揮発性有機化合物の吸引除去を目的とする工法です。

工法

汚染域に吸引井を設置して、真空ポンプでその井戸を減圧し、気化した揮発性有機化合物を地上で分離除去する工法です。

工法

特長

運転コストが安価であり、運転当初は揮発性有機化合物の回収効率が良いなどの利点があります。的確な汚染状況把握と浄化予測を基に吸引井の影響範囲、吸引圧などの設計を行う必要があります。

特長

エアースパージング工法

飽和帯に存在する揮発性有機化合物の揮発を促進する工法です。揮発したガスは土壌ガス吸引法により捕集します。

工法

汚染域の飽和帯に達する井戸を設置して、井戸から空気を注入して、地下水中からの揮発性有機化合物の揮発を促進する工法です。揮発してきたガスは通常の土壌ガス吸引法と同様の方法で回収、処理します。

特長

エアースパージング法は飽和帯の汚染物質抽出を比較的低コストでできる利点があります。しかし、空気注入により汚染を拡散させる危険性があり、地質構造および汚染状況の的確な把握が必要です。

特長

地下水揚水法

汚染が存在する飽和帯の地下水を揚水し、地上で地下水に溶解している揮発性有機化合物を除去する方法です。

工法

地下水揚水法は揮発性有機化合物の汚染土壌・地下水の浄化対策、敷地外への汚染物質流出防止対策(揚水バリア工法)として使われる代表的方法です。汚染濃度の高い区域に揚水井戸を設置して、揚水ポンプによって地下水を地上の処理プラントに送り、汚染地下水を浄化処理します。浄化処理には曝気処理、活性炭吸着がよく使われています。

特長

地質構造と三次元的な汚染状況を把握して、汚染の拡散を防止しながら、浄化を行います。揚水量、井戸の配置を適切に設計することが重要であり、浄化や拡散防止の予測も可能です。汚染状況が不明なまま地下水揚水法を行うと、汚染の拡散を引き起こすことがあります。

揚水バリア工法

地下水により汚染物質が敷地外へ流出する可能性がある場合に、地下水を揚水し、揮発性有機化合物の敷地外への流出防止を目的とする工法です。

工法

地下水流の下流側にあたる敷地境界付近に地下水揚水法と同様の揚水井戸を設置して、揚水することによって汚染地下水の流出を防止します。揚水した地下水は、処理プラントにて適切に浄化処理します。

特長

地質構造、地下水の流向・流速、地下水の利用状況、汚染状況を考慮して、井戸の配置、揚水量を適切に設計することが必要です。汚染物質流出防止対策として、鋼製矢板や遮水壁などの鉛直遮水工に比較して用地などによる制約条件は小さいです。その反面、設置期間が長くなると運転費用が増加します。

工法/特長

CAT工法(Carbonic Acid Treatment)

地下水揚水法の促進工法として開発された安藤ハザマ独自の工法です。(特許第3215102 号)

工法

炭酸水(二酸化炭素濃度1000〜2000ppm)を汚染土壌中に流して、土壌浄化の効果を促進する工法です。揚水された汚染地下水に含まれる揮発性有機化合物は曝気や活性炭吸着などで除去します。CAT 工法は油との複合汚染や、低濃度・広範囲の汚染除去に適しています。

特長

地下水揚水法や土壌ガス吸引法などは、揮発性有機化合物の汚染土壌・地下水の浄化には、数年以上の期間が必要であったり、環境基準に浄化することが困難などの欠点がありました。安藤ハザマは、地下に注入する水に炭酸を加えることで、汚染土壌からの揮発性有機化合物の溶出速度を高める処理法を開発しました。このCAT工法では、地下水揚水法に比較して短期間で環境基準までの浄化が達成できるため、工期が短縮され、コストの削減が可能になります。

浄化方法の概要

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ