1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 土壌環境修復
  4. 揮発性有機化合物(第一種)の浄化:バイオ分解処理工法

サービス・ソリューション

バイオ分解処理工法

バイオ分解処理工法はトリクロロエチレンなどの揮発性有機化合物(VOC)、油、重金属などによって汚染された土壌や地下水を微生物の働きで浄化する技術です。微生物の利用方法により、バイオスティムレーション、バイオオーグメンテーションに大別されます。

  • バイオスティムレーション

    栄養剤等を添加して現地の土壌中に生息する微生物を活性化させ、汚染物質を分解させます。

  • バイオオーグメンテーション

    微生物製剤を添加し、製剤に含まれる微生物に汚染物質を分解させます。

バイオスティムレーション/バイオオーグメンテーション

VOCの分解処理

嫌気的条件で分解処理

有機塩素系化合物(テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、シスー 1,2ージクロロエチレンなど)には井戸から栄養剤を注入する原位置浄化が適しています。

VOCの分解処理

油・VOCの分解処理

好気的条件で分解処理

ベンゼン(芳香族炭化水素)や油(石油系脂肪族)には掘削後、場内処理が適しています。

油・VOCの分解処理

DOG工法との組合せにより効果大

バイオ分解処理工法は汚染濃度が低い広範囲の地下水汚染の浄化に適しています。不飽和層や高濃度の地下水汚染に有効なDOG 工法(鉄粉剤による浄化工法)と組み合わせることで、より経済性の高い浄化を実現しています。

DOG工法との組合せにより効果大

トリータビリティ試験

地下水中の含有成分の影響や微生物の種類などにより、分解の進行や分解過程が異なります。現地の実汚染地下水や土壌を用いてトリータビリティ試験を実施し、薬剤の選定、添加条件、添加量、施工方法を判断します。

左:薬剤添加前 右:添加後 1 週間

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ