1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 土壌環境修復
  4. 農薬類(第三種)の浄化:ジオメルト工法

サービス・ソリューション

ジオメルト工法

ダイオキシン類、PCB、農薬、重金属汚染土壌・汚染物の無害化

ジオメルト工法による溶融の状況

ジオメルト工法はダイオキシン類やPCBに汚染された土壌・汚染物中に電気を流すことによって高温溶融し、有害物を分解・無害化する技術です。農薬や重金属汚染土壌の無害化にも適用できます。

ジオメルト工法による無害化処理

溶融準備→溶融→固体化撤去

特長

  • 溶融ゾーンは1,600℃以上の高温となり、ダイオキシン類やPCBなどの難分解性有害物を確実に分解します。
  • 有機塩素系化合物と重金属類による複合汚染にも適用可能です。重金属は固化体中に半永久的に封じ込められます。
  • 土壌、汚泥、焼却灰、レンガ、金属、プラスチック、木材をそのまま一括処理できます。
  • 処理後に生成されるガラス質の固化体は安全かつ無害です。路盤材などの土木資材としてリサイクルできます。
  • 豊富な処理実績を保有しています。

20kg/バッチ設備
(適応性評価試験用)

1トン/バッチ設備
(実証試験用)

9.5トン/バッチ設備
(三重中央開発)

ジオメルト工法の処理システム

電気設備→溶融設備→非常用オフガス処理設備→オフガス処理設備

ジオメルト工法は公的機関からの評価を得ています

  • PCB汚染土壌の浄化方法において「溶融方式」として基準化されました(2008年7月)。
  • POPs廃農薬を適正に分解処理できる技術として環境省発行の「POPs廃農薬の処理に関する技術的留意事項」に記載されました(2004年10月)。
  • 廃掃法のPCB廃棄物処理技術に「溶融分解方式」として認定されています(2004年4月)。
  • 国土交通省の「テーマ設定技術募集システム」において、環境の浄化技術として評価・選定されました(2002年3月)。

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ