1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 土木に関する技術:都市地下土木

技術/研究

技術

技術研究所

都市地下土木

技術一覧

鋼製地中連続壁工法
工場で製作した鋼製部材(NS-BOX)を、連壁掘削機で泥水掘削したトレンチ中に建込みコンクリート充填するか、ソイルセメント壁に直接建込むことにより、高強度・薄壁の地中連続壁を構築する技術です。
CSM工法(狭隘地型・低空頭型)
水平多軸回転カッターの掘削・攪拌機構を利用して等壁厚のソイルセメント壁を造成する技術で、大深度や硬質地盤の遮水壁や土留め壁に最適な工法です。
H&Vシールド工法
2連トンネルをはじめ、様々な形状のトンネルを構築できます。また分岐やスパイラル掘進も可能で、多種多様なトンネル施工法を提供する画期的な工法です。
親子シールド工法
大径から小径へ、小径から大径へと異なる断面を1台のシールド機で連続して掘進する工法で、マシン台数削減によりコストダウンに寄与します。
側面地中接合技術
カッタービットで切削可能なセグメントの使用やT字接合シールド工法により、側面地中接合における補助工法の大幅な低減や地中拡幅の省略が可能で、安全・確実に施工できる工法です。
機械式地中接合工法(CID工法)
伸縮カッターおよび二重構造で隔壁がスライドするシールド本体により機械式正面地中接合を行うことで、工期短縮と立坑省略を可能にした工法です。
ウィングプラス工法 WingPLAS
都市道路トンネルの分岐合流部の拡幅技術シールド施工と同時に拡幅防護の先受けアーチシェルを造成する工法です。
WJセグメント(Wing Joint Segment)
トンネル拡幅部の接合用セグメントで、2本のトンネルを切り開いて大断面トンネルを構築する場合に最適な覆工構造・施工方法です。
KLセグメント
緩衝キー(円弧状のホゾ)を継手面に配することにより品質向上、コストダウンを図った二次覆工省略型コンクリートセグメントです。
RAQDES(ラクデス)
下水道など小断面水路トンネル向けに開発した内面平滑、二次覆工省略型のRCセグメントで、構造的に安定した4分割タイプで簡易な継手構造を実現します。
HALセグメント
「高密度ポリエチレン樹脂製シート(突起付き)」をセグメント内面に被覆することで、厳しい環境下での二次覆工省略を可能にし、コスト縮減・工期短縮・トンネルの長寿命化を実現します。
セグメント製造技術
高繊維補強セグメントや高流動コンクリートを用いたRCセグメントの製造など、セグメント製造工場を所有する関連会社と協力し、あらゆるニーズに対応した高品質のセグメントを提供します。
特殊断面シールド
地下鉄大江戸線・六本木駅部に採用された4心円駅シールドをはじめ複円形・矩形など特殊断面形状のシールド技術です。
NOMST
地盤改良を省略するため、炭素繊維等で補強した新素材コンクリートによる土留壁をシールド機で直接切削する発進・到達工法です。

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ