1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 土木に関する技術:都市地下土木
  4. NOMST

技術/研究

技術

技術研究所

NOMST

土留め壁に新素材コンクリートを用い、地盤改良を不要にした発進・到達工法

技術概要

シールドの発進・到達工では、坑口部の土留め壁の撤去に伴う土砂や地下水の流入を防止するため、防護工として地盤改良が必要でした。また、人力による撤去作業は、出水や崩壊の危険が伴い、工期も要するため、機械化・省力化が進むシールド工事のネックとなっていました。さらに、大断面・大深度化に伴って地盤改良の範囲が拡大し、信頼性も低下するため多くの費用と時間を要しているのが現状です。こうした問題を解決したのが、従来の鉄筋・鋼材に代わり、カッタービットで切削可能な炭素繊維など新素材で補強したコンクリートを土留め壁に用いた「NOMST」です。この新素材コンクリートをシールドで直接切削することにより、発進・到達に伴う地盤改良や危険な土留め壁撤去作業を不要とし、安全性の向上だけでなく工期短縮・コストダウンも可能にしました。

NOMSTによる発進/NOMSTによる到達

特長

従来工法と比較し以下の特長があります。

  • 発進・到達のための地盤改良が不要もしくは削減できます。
  • 地盤改良の信頼性に左右されることなく安心して発進できます。
  • 人力による土留め壁のはつり作業が不要であり、発進・到達部の地山が直接露出しないため安全です。
  • 発進・到達の工程が短縮できます。
  • 地中連続壁、柱列式地中連続壁、泥水固化壁、SMW、ケーソン工法など多くの土留め構造に適応できます。

施工実績

中央環状品川線大橋連結路工事

切削性に優れた新型プレキャスト部材(GRM)を使用

炭素繊維補強筋

切削ズリ(分離した繊維とモルタル)

NOMST(GMR)部材

NOMST 建込み状況

仮壁の切削痕

工事名称 企業社 シールド
外径(mm)
山留め形式 土被り
(m)
備考

大容量送水管(奥平野工区)整備工事

神戸市

φ3480mm

ケーソン式

57.1m

CFRPロッド/ ストランド

中央環状品川線大橋連結路工事

首都高速道路株式会社

9,700mm×2本

地中連続壁(CSM)

37.0m

GRM

地下鉄12号線六本木・青山工区建設工事

東京都地下鉄建設(株)

幅φ13,180mm
高さφ7,060mm
2本

泥水固化壁

37.5m

CFRPロッド/ ストランド

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ