1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 土木に関する技術:地下空洞・山岳トンネル
  4. プレキャストトンネル押出し工法

技術/研究

技術

技術研究所

プレキャストトンネル押出し工法

プレキャストトンネル押出し工法とは

安藤ハザマの特許技術「ボックスベアリング横引き工法」を応用したもので、トンネル坑口よりベアリングを敷き詰めたレール上にプレキャストアーチ板を設置し、推進ジャッキにてトンネル坑内に次々と押出す工法です。

こんな課題をお持ちのお客様に

  • 交通規制を最小限にしたい
  • 2車線を確保しながら補修・補強がしたい
  • 短い工期でトンネルのリニューアルを行いたい

特長

  • 短い工期で
    従来の覆工コンクリートによる施工と比較して、大幅な工期短縮が可能です。
  • 交通規制を最小限に
    山岳トンネルなどのリニューアル時には、2車線を確保しながらの施工が可能です。
  • 優れた品質と耐久性
    工場製作される高強度アーチ板は、品質・耐久性・止水性に優れているほか、覆工コンクリートの耐力向上を図ることもできます。
  • 新設からリニューアルまで
    山岳トンネルの補修・補強、防水に加え、既設トンネルの拡幅工事に伴う覆工ライニングや、新設トンネルの覆工ライニングなどにも採用できます。

ボックスベアリング横引き工法

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ