1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築基礎
  4. 建築基礎用の低コスト表層締固め工法(バイブロ・タンパー工法)

技術/研究

技術

技術研究所

建築基礎用の低コスト表層締固め工法(バイブロ・タンパー工法)

表層締固め工法とは

強力な起振機とタンパーを組合わせ、振動エネルギーによって、砂質地盤の密度を増大させます。

機械スペック

起振力F

400〜500kN

振動数f

20〜30Hz

振幅d

3〜30mm

タンパ重量W

200〜500kN

改良スペック

締固め深度h

〜3m

長期支持力qa

〜200kN/m2

特長

  • セメント等の材料資源は用いないため、材料搬入や産廃・残土の搬出がありません。
  • 将来的な土地の転売計画に影響がありません。

バイブロタンパーのメカニズム

土質的パラメータと機械的パラメータを設定することで、最適な締固め振動数や施工法を見出します。

  • 効率的な締固めのパラメータ

    ・土質的パラメータ:Fc

    ・機械的パラメータ:F,f,d,W

  • 起振機の選定

    ・締固め効果が大きいもの(振幅dが大きいもの)
    電気式バイブロ:mrが大きい

    ・周辺環境への影響が少ないもの(距離減衰が大きいもの)
    油圧式バイブロ:f(可変)が大きい

適用事例

土間下の地盤改良 施工面積=57,300 m2 qa=100 kN/m2

土間部バイブロタンパー工法施工順序

バイブロタンパー施工

バイブロタンパー部(重量5t)

転圧後の表面沈下量の測定

動的ラムサウンディングの実施

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ