1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築基礎
  4. エコ基礎梁工法

技術/研究

技術

技術研究所

エコ基礎梁工法

エコ基礎梁工法とは

基礎梁の中央付近には、人通用として円形の貫通孔(以下、開孔)が設けられることが多く、その梁せいは構造上必要がなくても、慣用的※に開孔直径の3 倍以上とされていました。
エコ基礎梁工法は、基礎梁の梁せいを可能な限り、構造上必要な分だけで抑えられるようにした工法で、低層の商業施設・工場・物流倉庫・中層住宅など、幅広い用途の建物に適応できます。
本工法は、財団法人日本建築総合試験所の建築技術性能証明(性能証明第10-26 号)を取得しています。

※日本建築学会の「鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説」では、「梁に設ける円形孔等の直径は、梁せいの1/3 以下とすることが望ましい。」としています。

従来工法との比較

こんな課題をお持ちのお客様に

  • 中低層鉄筋コンクリート造、鉄骨造建物をできるだけ安価に建設したい
  • 環境に優しい工事を行いたい

特長

本工法により、梁せいは開孔の直径の3 倍以上から2.5 倍以上に緩和できます(小梁にも適用可)。たとえば、開孔の直径が600mm の場合には梁せい=2.5×600=1500mm 以上とすることができ、従来に比べ300mm 縮小できます。これにより型枠とコンクリート打設量に加えて基礎の掘削土量も低減し、躯体コストを従来工法に比べて3〜6%程度下げることができます。あわせて建設時のCO2 排出量削減に寄与します。
また本工法は、従来から行われている開孔補強方法を一部改良したもので、特殊な補強金物や鉄筋以外の材料を用いず、従来工法と同様な材料を使用します。そのため、鉄筋に特別な加工を施す必要がなく、従来工法と同じ手順で施工できる点が最大の特長です。

エコ基礎梁工法

施工実績

  • 設計施工物件:11物件

    ・S造 地上3階の共同住宅(宮城県)

    ・S造 地上4階の病院(千葉県)

    ・S造 地上2階の工場(岩手県)

    ・S造 地上4階の事務所(千葉県)

    ・RC造 地上3階の共同住宅(宮城県)

    ・RC造 地上5階の病院+個人住宅(埼玉県)

    ・RC造 地上3階の文教施設(東京都)

    ・RC造 地上3階の福祉施設(長野県)

    ・RC造 地上5階の総合病院(兵庫県)

    ・RC造 地上6階の社員寮(茨城県)

    ・RC造 地上3階の事務所(東京都)

  • 施工物件(当工法のみ設計支援):1物件

    ・木造 地上3階の老人福祉施設(山口県)

エコ基礎梁工法は、安藤ハザマ・西武建設・東亜建設工業による共同開発工法です。

*「エコ基礎梁」は3 社の登録商標です。

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ