1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築基礎
  4. パイルド・ラフト基礎工法

技術/研究

技術

技術研究所

パイルド・ラフト基礎工法

パイルド・ラフト基礎工法とは

パイル(杭基礎)とラフト(直接基礎)を併用した、低コスト・環境負荷低減を可能にする合理的基礎工法です。

こんな課題をお持ちのお客様に

  • 建設コストを下げたい
  • 環境経営に向けて環境に配慮した工法を採用して欲しい

特長

  • 建設コストの削減
    直接基礎が難しい軟弱地盤においても、杭基礎と直接基礎を併用することで、従来の杭基礎工法よりも杭長を短縮、杭本数を削減することが可能となり、基礎建設コストを大幅に削減できます(モデル建物の試算では約20%のコストダウンが可能)。
  • 環境負担の低減
    杭長を短縮、杭本数を削減することができるので、掘削容積、排出残土の削減が図れ、環境負荷を低減します。
  • 短時間で最適設計が可能
    杭基礎と直接基礎の支持力を最適に発揮させるため、精度の高い沈下量や水平変位量(地震を想定)を求めることが可能な解析プログラムを整備しているので、短時間での最適基礎設計が可能です。

(a)直接基礎/(b)杭基礎/(c)パイルド・ラフト基礎

載荷試験状況

模型杭

※本工法の設計技術に関する研究および設計マニュアルの作成は、ゼネコン4社共同によるものです。

※本工法の研究には、金沢大学工学部 松本樹典教授のご指導をいただいております。

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ