1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築基礎
  4. CUW工法

技術/研究

技術

技術研究所

CUW工法

CUW工法とは

仮設の山留め壁応力材を本体壁の一部として利用し、建設資材の削減、土地の有効利用、コストの削減を実現する工法です。

*財団法人日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得

こんな課題をお持ちのお客様に

  • 地下工事の建設コストを抑えたい
  • 地下空間の容積を増やしたい

特長

  • 優れた経済性
    山留め壁応力材と後打ち鉄筋コンクリート壁を一体化することで、地下外壁の壁厚や鉄筋量が低減され、建設コストを抑えることができます。
  • 資源の有効活用
    仮設資材であった山留め壁応力材を本体構造の一部として利用するので、建設資材が削減でき、環境保全に寄与します。
  • 敷地の有効利用
    地下外壁の壁厚を在来工法より薄くできるため、地下空間の容積が増え、土地の有効活用ができます。

CUW模式図

壁体構造種別

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ