1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:免震・耐震・制震(振)
  4. ピロティ階の耐震補強工法(HS coupling工法)

技術/研究

技術

技術研究所

ピロティ階の耐震補強工法(HS coupling工法)

HS coupling工法とは

ピロティ建物の層崩壊

阪神・淡路大震災では、1階を駐車場等にした多くのピロティ建築物が崩壊しました。本工法は、曲げ強度と剛性の向上に寄与するハンチ取り付け工法と、せん断強度とじん性の向上に寄与する鋼板巻き付け工法を組み合わせることで、ピロティの使用性を損ねることなく、構造性能を大幅に改善する新しい耐震補強工法です。

特長

  • ピロティの使用性を損なわないため、補強前と同じ用途で使用できます。
  • ピロティ階の強度と剛性が大幅に向上します。
  • 補強後も建物重量の増加がほとんどありません。

ピロティ建物→○本工法 ×壁増設工法

工法概要

ハンチ取り付け工法/鋼板取り付け工法

構造実験による補強効果の確認

本工法で補強した柱と補強を行なわない柱の構造実験を実施し、強度と剛性の大幅な向上を確認しています。

実験結果
(荷重−変形関係)

本工法による柱試験体

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ