1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:免震・耐震・制震(振)
  4. APCo工法

技術/研究

技術

技術研究所

APCo工法

APCo(アプコ)工法とは

APCo工法概要図

既存柱梁フレーム内に工場で製作したプレキャストコンクリートピース(APCoピース)を組み立て、簡易に増設耐震壁を築造する耐震補強工法です。

※財団法人日本建築総合試験所による建築技術性能証明書を取得

こんな課題をお持ちのお客様に

  • 施工時の騒音・振動を減らしてほしい
  • 建物を使用したままで耐震リニューアルを行いたい
  • 工事期間を短縮したい
  • 建物の特性に応じた耐震補強を簡易に行いたい

特長

  • 施工時の騒音・振動を大幅に低減
    あと施工アンカーの打ち込みや型枠組立て、コンクリートの打設など、耐震壁を在来工法で築造する場合に生じる騒音・振動はほとんどありません。
  • 建物を使いながらの耐震補強
    施工スペースを小さくすることができるため、建物を使いながら補強することができます。
  • 短工期
    コンクリート養生期間が不要なことから、耐震壁を在来工法で築造する場合の約半分の工期で施工できます。
  • 信頼性の高い耐震壁
    本工法は、工場生産による高精度・高品質のAPCoピースを使うことで、構造実験でも十分な耐震性能を確認した信頼性の高い耐震壁が築造できます。

APCoピース

構造実験の状況

施工実験の状況
(実際は壁の化粧仕上げをおこない完成)

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ