1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:免震・耐震・制震(振)
  4. 低降伏点鋼制震による耐震補強技術

技術/研究

技術

技術研究所

低降伏点鋼制震による耐震補強技術

低降伏点鋼制震とは

従来構造(一般の耐震構造)では、大地震時に倒壊はしませんが、建物本体にある程度の損傷は許容します。制震構造は、制震ダンパー(低降伏点鋼)に地震エネルギーを吸収させ、建物本体の損傷を防ごうとするものです。

従来構造と制震構造

低降伏点鋼

小さな力で変形する鋼材で、変形能力が大きく、破壊しにくいため、地震時の大きなエネルギを吸収できます。

パネル部分の変形

応力(引張)−ひずみ関係

特長

  • 間柱タイプで、ブレースタイプ、壁タイプに比べ、大きな開口部がとれます。
  • 他の制震構造(オイルダンパー、粘性壁等)に比べ、低コストです。

制震要素(ダンパー)のタイプ [間柱は必要に応じ連結します。]

適用範囲

  • S造、SRC造、高層RC等に幅広く適用できます。
  • 新築建物、耐震補強を問わず適応可能です。

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ