1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:合理化施工技術

技術/研究

技術

技術研究所

合理化施工技術

技術一覧

リフトアップ工法
建物架構等を低い位置で先組みし、全体を揚重させることで、高所作業の低減・安全性向上、施工能率向上を図る施工・鉄骨建方工法です。
PCaを用いたACSS構法
柱RC梁S造のハイブリット構法ACSSの柱・梁接合部を含む柱をPCa化することで、S(鉄骨)造並みの工期での施工を可能とする工法です。
ARPC工法
鉄筋コンクリート(RC)ラーメン構造の主要部位をプレキャスト(PCa)化することで、より床剛性の高い建物を短工期で建設する工法です。
NAスライディングシステム
大型揚重機を必要としないため、市街地立地の中・小規模マンションでも品質と工期メリットに優れたプレキャスト(PCa)部材をバルコニー・廊下等へ採用することができるシステムです。
ENTOS(エントス)
安藤ハザマが開発した周辺環境にやさしい煙突解体システムで、作業員の安全性を確保し、作業の省力化を実現します。

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ