1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築構造
  4. AHBS構法

技術/研究

技術

技術研究所

AHBS構法

AHBS構法とは

梁の材端部を剛性の高い鉄筋コンクリート(RC)造または鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造としながら、スパン中央部を軽量の鉄骨造とする複合構造梁の構法であり、柱を従来の構造形式としたままで、容易に大スパン空間を構築できる梁構法です。

*財団法人日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得

こんな課題をお持ちのお客様に

  • 鉄骨造、SRC造、プレストレスト造よりも安価に建設したい
  • スパンの大きいショッピングセンター、工場、倉庫を建設したい
  • 1方向のみ大きいスパンが必要な事務所ビルや教育施設を建設したい

特長

  • 大空間

    剛性の高いRC造、SRC造と、重量の軽い鉄骨造の長所を組み合わせた適材適所の構法で、RC造に比べて大スパンが可能です。

  • バリエーション

    梁間方向と桁行方向でそれぞれに梁の構造形式を変えられるため、建物の用途に応じて、最適な躯体の選択が可能です。

  • ローコスト

    柱と柱梁接合部は通常のRC造、SRC造であり、また内蔵される鉄骨の加工が少ないので低コスト化が可能です。また、鋼材の使用量が鉄骨造やSRC造よりも少ないため、鋼材相場の変動によるコストの影響が小さくなります。

  • 揺れが小さい

    鉄骨造の建物と比較して部材の剛性が高いため、風による建物の揺れが少なくなります。また、床の剛性も高くなるので、振動を嫌う精密工場にも適しています。

  • 高品質

    プレキャスト化工法を採用することでさらに高品質な躯体を提供します。

a.梁間方向に使用/b.XY両方向に使用/c.連続梁に使用/d.架構の一部に使用

※日本建築総合試験所 建築技術性能証明第04-01号

※特許第3631237号

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ