1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築構造
  4. ACSS構法

技術/研究

技術

技術研究所

ACSS構法

ACSS構法とは

柱に鉄筋コンクリート(RC)、梁に鉄骨(S)という異種部材を組み合わせる躯体構築方法で、RC造とS造の利点を併せ持つことで大空間をローコストで提供します。

*旧建築基準法による建設大臣一般認定を取得

こんな課題をお持ちのお客様に

  • スパンの大きいショッピングセンター、工場、倉庫を建設したい
  • 鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造よりも安く建設したい
  • 建設期間を短縮したい

特長

  • 大空間

    梁をSとすることで、RC造に比べて大スパンが可能な上、梁せいも小さくできることから、空間を有効に利用できます。

  • ローコスト

    SRC造に比べ、建物の総重量を軽減できることから、躯体コストを下げることができます。

  • 耐震性

    RC柱とS梁を独自に開発した強度の高い接合部でジョイント、耐震性に優れた躯体を構築できます。

  • 短工期・高品質

    柱梁接合部を含む柱全体を工場で生産するプレキャスト化することで、S造並みの短工期で高品質な建物を提供できます。

  • バリエーション

    建物の使用条件等にあわせて、上階を鉄骨造とすることもできます。

施工状況(上階を鉄骨造とした建物)

独自の柱梁接合部

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ