1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築構造
  4. CFT構造

技術/研究

技術

技術研究所

CFT構造

CFT構造とは

内部にコンクリートを充填した鋼管柱と鉄骨梁を採用した鉄骨構造で、優れた耐力・変形能力を発揮し、耐火性能にも優れています。
高強度高流動コンクリート「パーフェクリート」を1階の柱から圧入する独自の施工技術を確立しています。

こんな課題をお持ちのお客様に

  • 柱断面を小さくして有効面積を大きくしたい
  • 鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造よりコストを削減したい

特長

  • 経済性

    小さな柱断面で高層化と大スパン化が可能なので、SRC造、鉄骨造に比べてコストダウンが図れます。

  • 耐火性能

    適切な防火区画の配置により、殆どのCFT柱を無耐火被覆とすることができます。また、耐火被覆が必要な個所でも通常の厚さの1/2〜1/3に大幅に軽減ができます。

    *建設大臣認定取得

  • 施工合理化

    鉄筋・型枠工事が不要で、労務の削減と工期の短縮を図ることができます。

  • 独自の施工技術

    高強度高流動コンクリート「パーフェクリート」を使用し、1階の柱から圧入して鋼管柱内に密実に充填する独自の施工技術を確立しています。

  • 環境対応

    合板型枠を使用しないため、建設廃棄物を大幅に削減します。

九州産業大学工学部

 

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ