1. トップページ
  2. CSR情報
  3. 安全衛生基本方針

安全衛生基本方針

安全衛生基本方針



2020年度 安全衛生管理基本計画                                                                                      

安全文化の推進

  あいさつ運動の展開・体験学習の導入・マニュアル「現場の安全管理」徹底


安全衛生スローガン

  指差呼称で安全確認 ルールを守って安全作業 ヨシ!


数値目標

  死亡災害ゼロ・重大災害ゼロ・第三者災害ゼロ・重大な公衆災害ゼロ


推進施策及び実施項目

1.労働安全衛生マネジメントシステムによる安全管理の向上

  • 全ての作業において、作業手順のない作業は行わない
    (標準手順の加筆修正、スポット作業手順、裏書KYなどを利用する)
  • リスクアセスメント手法による危険除去・低減対策を徹底し、特定した危険作業には、二重の安全対策を実施する
  • 予定外作業発生時は、その作業の「安全指示」「作業手順の確認」を実施する
  • 不安全行動排除として、「KY個人行動目標」の指導、「指差呼称」を徹底する

2.安全教育の徹底

  • 工事に携わるすべての社員の安全教育を1年に1回以上実施する
  • 危険体験学習、災害事例展開により、予見能力を高め災害防止を図る

3.公衆災害の防止

  • 第三者災害・埋設物、重要なインフラ施設や公共施設等への災害を防止する為、現場と本社・支店の連携体制を強化する
  • 特に第三者災害、火気作業、足場・壁繋ぎの管理を強化し、「杭打重機ならびに移動式揚重機の転倒防止マニュアル」を周知徹底する

4.繰り返し型災害の低減

  • 【繰り返さない為の安全10項目】や安藤ハザマの安全ルールを徹底する

5.健康管理の徹底

  • 4週6閉所以上を実現し、時間外勤務を低減させる取組を徹底する
  • ストレスチェックを実施し、社員がメンタルヘルス不調者となることを防止する

6.安藤ハザマ協力会との連携強化

  • 一次協力会社社員・職長の安全管理能力向上の支援を実施する
  • 重層下請構造の改善、適切な二次業者の選定を指導する(入口管理強化)

7.災害発生時の措置

  • 災害発生時の連絡を徹底し、報告遅延を発生させない
  • 毎日の作業終了時「怪我のKY報告」を徹底し、労災隠しを発生させない

ページの先頭へ