1. トップページ
  2. 新着情報
  3. 新着情報詳細

2020年


鎮座百年祭奉祝「第39回明治神宮薪能」を開催しました

2020年10月19日

安藤ハザマ(本社:東京都港区 社長:福富正人)が協賛する「第39回明治神宮薪能」が、10月18日に開催されました。

明治神宮薪能は、例年約2,000名の観客をご招待しておりますが、今回は新型コロナウイルス感染症の拡大防止ならびに参拝者、ご来場者の健康と安全を最優先に考え、無観客で奉納が行われました。

今年は明治神宮鎮座百年祭を迎えることから、祝賀する演目として、山本東次郎氏(大蔵流)による狂言「福の神」および金春安明氏(金春流)による能「猩々(しょうじょう)」が上演されました。

能舞台は特別に本殿(外拝殿)の中に設置され、かがり火が灯る御神前での厳かな雰囲気の中、演者の方々が優美に舞われ、明治神宮鎮座百年祭奉祝にふさわしい奉納行事になりました。


写真1:「猩々」(撮影者 三上文規)


ページの先頭へ