内定者アンケート

Questionnaire

先輩たちは、なぜゼネコンを志望し、安藤ハザマへの入社を決めたのか。
2022年入社予定の内定者たちにアンケートを実施しました。
就職活動のこと、安藤ハザマの魅力を感じてください。

Q.1ゼネコンを志望した理由

  • 大学生になってから、友人の影響で建築物のデザインや構造に興味を持ち、構造物を見ることが好きになりました。その後、大学の授業でダムや橋などについて学ぶ機会があり、公共性の高い土木施設に魅力を感じるようになりました。どう関わっていきたいかを考えた際に、ものがつくられていく過程を直接感じたいと思ったため、ゼネコンを志望しました。
  • 小さな頃からものづくりに興味があった。その中でも橋やダムなどの巨大な建造物をつくりあげてみたいと思った。
  • 建築施工を志望した理由は2つあります。一つは建築施工に正解はないという点です。工事計画は十人十色、独自性を発揮したいと考えていた私にとってやりがいを強く感じられる環境であると感じたからです。二つ目は多くの人と一丸となり仕事を行う点です。社員だけでなく多くの関係者とコミュニケーションを取り、一つの建物をつくりあげる。そうしてつくりあげた建物が街に残り続けることに魅力を感じ、建物づくりの最前線で働くことができるゼネコンを志望しました。
  • 自らが携わった建設物が数十年後にも影響を与えられることに魅力を感じました。また、人々の生活の役に立つことにも魅力を感じました。個人の仕事ではなく、必ず複数人で協力していかないと成り立たない仕事であることにも惹かれました。
  • インターンシップで現場見学の機会があり、一から建物ができていく過程を見ることに楽しさを感じました。設計だけでなく施工と一体となって考え、建物の提案をしていくことに魅力を感じたからです。
  • 私は、人々の安全・安心に貢献したいと思い土木業界を志しました。中学生のときに東日本大震災を経験し、当時映像で見た津波被害の惨状は忘れることができません。その後も、熊本地震などの災害でも、多くの方々が大変な思いをされました。そんな中、それぞれの災害復興に土木業界が携わり大きく貢献したことを知り、今後予想される災害の抑制など、人々の安全・安心に貢献したいです。
  • 人々の生活に貢献するインフラをつくる仕事に携わりたいと思い、ゼネコンを志望しました。ゼネコンの仕事は、人々の生活を支える社会貢献度の高い構造物をつくりあげるところに魅力を感じています。
  • 地図に載り、歴史に残るものをつくることができる仕事にロマンを感じ、自身も挑戦したいと考えたからです。
  • 社会貢献できるゼネコンの仕事に魅力を感じました。また、インターンシップに参加した際に、ゼネコンは人に指示を出して動かす仕事であるため、人格者が多いということを知りました。このような環境が自分を成長させてくれると思ったからです。
  • スケールの大きなものにチームで一丸となって取り組める点に魅力を感じたからです。
  • 自分が学んできた知識・技術を活かすことができ、自分がつくったものや生みだしたものが、直接人々の役に立つような仕事をしたいと考えていました。研究・開発職のような特定の分野に特化するのではなく、生活必需品である施設や道路などのインフラに携わることで人々の暮らしを支えたいと考え、ゼネコンを志望しました。
  • ゼネコンは、構造、意匠、設備などトータルに提供でき、様々な分野の技術で協力して一つの建築をつくりあげることができるという点に魅力を感じたためです。
  • 2016年の熊本地震で道路や橋等の公共インフラの重要さを強く感じたからです。当時、私自身も熊本地震を体験し、また熊本に住んでいる同級生の話やその当時のニュースを見て、構造物の耐震化・減災化の必要性を強く感じ、このような構造物を造りたいという気持ちが芽生えました。
もっと見る

Q.2安藤ハザマを知ったきっかけは?

(アンケート複数回答)

  • 水道工事のアルバイトで携わった地元の庁舎の工事が安藤ハザマでした。
  • 就職サイトでゼネコンを調べている際に知りました。
  • 大学の授業の中で、“黒部ダム(黒四ダム)を施工した間組”と聞いたのがきっかけでした。
  • 所属する大学の研究室と共同研究をしていたため。
  • 以前から知っていましたが、3年生の12月に開催された「みんなの建設業インターンシップ&業界研究フェスタ」に参加して、より関心が高まりました。
  • 地元の劇場が安藤ハザマの施工でした。大学1年生のときの課題で調べた際に知りました!
  • ゼネコンで就職先を考えていたところ、大学の先生からオススメしていただきました。
  • 就職活動でゼネコンを調べていくなかで認識し、夏のインターンシップや学校の会社説明会に参加し理解を深めることができました。野球が好きなので、神宮球場の左中間、右中間にある広告看板を見て身近に感じていました。
  • 研究室の教授からの推薦でした。先輩社員からお話を聞く機会をいただき、会社のことについて深く知るにつれて興味がわきました。
  • 建設業界を調べていたときに、業界ランキングのなかで知りました。
  • 就職についてゼミの先生に相談した際、大学の卒業生が就職した企業をいくつか教えていただき、その中の一つに安藤ハザマがありました。
もっと見る

Q.3企業選びをする際、どのような点に注目していましたか?
その理由も教えてください。

(アンケート複数回答)

  • 実績です。今後自分がどういったものに携わるかイメージでき、会社の規模も知ることができるからです。また、仕事をするにあたって、福利厚生や新人教育の面も重要となるので注目します。
  • 入社後の研修内容や、座談会での社員さんの話す内容に注目して企業を選びました。研修内容の話からは、自分が実際に現場に出た際にどのようなことに気をつけ学べばよいかが分かると思ったからです。また、社員さんの話は、自分がしっかりとした現場作業のイメージを持ちたかったからです。
  • 資格取得による自己の成長はかなり重視していました。資格を取ることが絶対の職業なので、資格取得の環境はできる限り整っていた方が良いと考えていたからです。
  • 技術者として、人間として成長できる環境があるかネームバリューがあるかどうか業績が良いかどうか。
  • 会社の雰囲気が自分に合うかです。社員同士の会話を聞いて、自分が楽しく働いている姿が想像できるかを重視していました。一緒に働く方たちとは長いお付き合いになりますし、会社の雰囲気は仕事へのモチベーションにも関わると思いました。
  • 事業内容や施工物の規模、企業の特色が、自分がやりたいと思えるか、自分に合うかということに注目しました。土木といってもダム、橋、トンネルなど様々で、私はトンネルや地下構造物に興味があったので、安藤ハザマでは自分がやりたいことができると考えました。自分がやりたいことと合う企業を選ぶことが大切だと思います。
  • 自身が携わりたいトンネル、ダムなどの土木に強い会社を探していました。安藤ハザマは、手がけている構造物や、現在着工している工事の数も多いことから、経験を多く積める会社だと思いました。
  • 勤務地や企業の規模なども大事な点ではありましたが、一番重視していたのは仕事のやりがいでした。その仕事に自分が従事してつくりだした成果物で、社会にいかに貢献できるか、それを踏まえ、どのような業種に自分がモチベーションを抱くかに注目して企業選びしていました。
  • 職場の雰囲気です。しかし、コロナ禍ということもあり実際に職場を訪問する機会はなかなかありませんでした。そのため、会社説明会などでお会いできる社員の方の雰囲気に注目しました。企業の経営理念や業績などはもちろん大切ですが、やはり現場で働く方の姿勢ややる気などが企業の今後に直接影響するのではないかと考えたからです。「やりたいこと」を優先するのと同時に「誰と働きたいのか」も自身の今後を左右する要因になると思います。
  • 業務・事業内容はもちろんですが、中でも社風を知ることには重点を置いていました。企業理念・方針や働く方の人柄・やりがいなどを感じ取ることで自分の将来像を明確に想像することができ、身の丈にあった環境下で自分の学んできたこと、能力を最大限発揮することができると考えたからです。
  • その企業が誠実であるかどうかと現場の雰囲気です。質問などに正確に数字や社内平均だけでなく、個人の意見などをしっかりと答えていただけるか、質問の受け方などで、その企業に入った時にどういった対応を企業から受けるのかという判断材料の一つとなっていた。
もっと見る

Q.4安藤ハザマを就職先として決めた理由は?

  • 現場見学の際にOBの方とご一緒した昼食中や送迎車の中での会話で、現場の知識だけではなく、社会人としても大きく成長できると感じたため。
  • 津軽・黒部ダム、首都高速中央環状品川線の大橋連結路など有名な建造物、インフラを手がけてきた実績が最も大きな理由です。今後もリニア中央新幹線のトンネル工事など、社会的にも歴史的にも重要な工事に携われる可能性に魅力を感じ、安藤ハザマに入社することを決めました。
  • 土木と建築のバランスの良さ、扱う分野の幅広さ、研修制度の充実など、私が重視していた点に合う会社だと感じたため。
  • 自分がやってみたい大規模な建築工事をしていること、研修制度の充実さに加え、実際にインターンシップに参加した際、若手社員の方が堂々と仕事をしており魅力的に思えたからです。また、現場に団結力があり雰囲気もとても良かったことが印象に残っています。
  • 研修施設など成長できる環境が整っているため、自分の能力や技術を高めるには最適だと思ったからです。
  • 仕事の説明が分かりやすく、また社員同士の雰囲気が自分に合っていると思ったからです。また、研修も充実していて、人を大切にしている会社だと思ったからです。
  • ジョブローテーションを行うことができる点に魅力を感じました。設備職は施工、積算、設計を行うことができ、様々な建物を手がけているため、幅広い知識を得ることができ、社会に貢献をすることができると思いました。
  • インターンシップに参加した際に、他社と比べてトンネルやダムの工事に強いと聞いたこと、さらに社員の方々の人柄の良さも強く感じました。魅力ある方々の中で、私も社会貢献できる構造物をつくりたいと思いました。
  • 教育制度がしっかりしていたこと、そして、技術力の高さや施工実績の多さも魅力的でした。
  • 座談会に参加した際、コミュニケーションを大切にしているというお話が心に強く残り、私も現場の方々やお客様との対話を大切にして信頼関係を築き、ものづくりをしていきたいと考えたためです。
  • WEB会社説明会に参加した際、人材育成に注力しており、人を大切にした新入社員研修があることを知りました。さらに会社説明会で、先進的な技術への取り組みや現場の雰囲気の良さも感じることができました。
もっと見る

Q.5安藤ハザマの魅力とは何だとお考えですか?
その理由も教えてください。

(アンケート複数回答)

  • 山岳トンネル、ダムやシールド工事を多く手掛けているところに魅力を感じます。また、研修期間も他社と比べて長く、基礎知識の復習や習得期間がしっかりとあるため、入社後も安心だと思います。
  • 現場第一主義であること。説明会で仕事の様子や職場の雰囲気を説明する会社が多々ありましたが、その中で安藤ハザマは残業の時間や人が少ない現場もあるなど厳しいことも説明してくださいました。ゼネコン業界全体の課題を率直にお話いただけた誠実さは魅力だと思いました。
  • 社員一人ひとりが自分の仕事に誇りを持っているところ。
  • 安藤ハザマの魅力は難工事にも立ち向かう社風です。この社風から、他のゼネコンでは経験できない、難しい構造物の施工にも携わることができると考えています。
  • 高い技術力です。津軽ダムやリニア新幹線など高い技術力が求められる構造物を施工しており、今後も大きなプロジェクトに携わることができることです。
  • 中性子遮蔽材を用いた施設や、関東圏で最大級のショッピングモールなど、高い技術力で規模の大きな建物の施工を行なっているところです。
  • 建築施工管理として幅広い分野の工事に携わることができる、人を想う社風のなかで、仕事ができること。
  • 社員の結束が強いこと。座談会の時に社員同士が楽しく話しているのを見て、そう感じました。
  • 確かな技術力。世界規模の事業展開。
  • 社員の方々の人柄・雰囲気の良さ、そして人材育成制度が充実しているところです。
  • 多種多様な施工実績がある点です。商業施設や文化施設、スポーツ施設など人々の暮らしに関わる建築物の施工が多い点に魅力を感じました。また、新技術の研究開発に力を入れている点にも魅力を感じました。最先端のヒト・モノが集まる状況に身を置くことで高い技術力を身につけ、将来は現場で活躍できる社員になりたいです。
もっと見る

Q.6今後、安藤ハザマで実現したい夢は?

  • 日本の様々な地域に行って、すべての都道府県の建設物に携わる。
  • 現場を任される所長になることはもちろん、他の社員から尊敬されるような人になりたい、そして、人として成長したい。
  • どんな人でも安心・安全・快適に利用できるような建築物を建てる工事に携わり、その建築物を利用される方々を笑顔にすることです。
  • 今後、国内のみならず海外においても安藤ハザマの高い技術力を発揮し、ものづくりを通して世界に貢献したいと考えています。
  • 国内・海外問わず、リニア中央新幹線のような人々の生活に直接関わる施設・インフラを手がけること。
  • 災害復興の際に1日でも早くインフラを立て直すことができる技術者になりたいです。
  • 私が実現したいことは、建築内の温熱や空調、音などの環境をより優れたものにすることです。これらの環境要素は目に見えるものではなく、あまり注目されることがありませんが、快適さを決定づけるものだと考えます。
  • 地図に残るような建物をつくりたいです。
  • BIMを用いて建築を設計する技術を磨き、その知識を活かした設計をすることで社会に貢献できる技術者になりたいと考えています。
  • 高い知識と技術力を身につけて、大きなプロジェクトでも任せられる人になりたいと考えています。
  • 私は相手の立場に立って物事を考え、円滑にコミュニケーションがとれる技術者になりたいと考えています。相手と深く関わることで作業がしやすい環境づくりへの配慮やよりよいものづくり、信頼の構築につなげていきたいです。
もっと見る

Q.7その実現のためにどのような社会人になりたいですか?

  • 目の前の問題を解決し続けて、できることを増やしていきたい。
  • ジョブローテーションを通して、できるだけ多くの部署と関わりを持ち、信頼される社会人になりたいと考えます。何事も、笑顔で前向きに考え取り組んでいく社会人を目指します。
  • 一つひとつ着実に勉強していくこと。なぜその選択をしたのか、根拠を持つこと。周りの方の仕事に感謝することを常に胸に刻んで実行する社会人になりたい。
  • 人と人とのつながりを大切にし、周りへの感謝を忘れない社会人になりたいと考えています。積極的に周りとコミュニケーションを図ることで相手のことをよく知り、お互いが気持ちよく作業ができる関係性を築いていきたいです。
  • 強い意志をもち、周囲と協働し、力を生み出すことができる人になりたいです。
  • 自分の考えとは異なる意見も受け入れ、いろいろなことを模索できる人になりたい。
  • 失敗を恐れず、何事にもチャレンジできるような社会人になりたいと思います。
  • やり切った充実感、心から感動を得るには常に手を抜かずに全力で仕事に取り組むことが大事だと思います。責任は大きいかもしれませんが、逃げずにやり切る、後悔をしないような姿勢が大事だと考えています。
  • 社会人になっても常に勉強を続け、知見の広い社会人になりたいです。また、社会人になっても仕事とプライベートをそれぞれ充実させることのできる社会人になりたい。
  • チームを引っ張ることができる、リーダーシップを持った社会人になりたいと考えます。
  • 資格や語学はもちろんですが、仕事を効率よくできる社会人になりたいです。
もっと見る

Q.8就職活動で大切なことは何だとお考えですか?
その理由も教えてください。

  • 自己分析が一番大切だと思います。自分のことを分かったつもりになっていても分かっていないことが多いので、まずは自分のことをしっかり知ることが大切です。
  • 自分が学んできたことに捉われず、広い視野をもち企業を見ることだと思います。私は大学で土木を学びましたが、インターンシップでは、建築の会社に行き、自身の可能性を広げることができました。その結果、自分がやりたいことはやっぱり土木だと再確認することができました。
  • 数多くの企業を知ることだと思います。社会には自分が知らない仕事や企業がたくさんあります。自分に向いていることや、やりたいことを仕事にできれば、やりがいを感じて働くことができると思います。
  • 大人と話す機会を増やすこと。座談会やOB・OG訪問などの機会を増やすことで、その会社で働く「人」を理解することができ、面接に対する慣れにもつながります。
  • 多角的に企業を見ることだと思います。企業のある側面だけを見るのではなく、あらゆる方向から見ることで、知らなかった一面を見つけることができます。
  • 気持ちの切り替えです。受験した全ての企業から内定をいただけることはありません。ただし、それは実力不足ではなく運が悪かったと捉えるようにした方がいいと思います。私は最終面接で不合格になった会社が数社あります。最終面接まで行けたと捉え、気落ちせずすぐに次の面接に臨むことが大切です。
  • 説明会や社員との座談会に積極的に参加することやWEBサイトなど企業が発信している情報をしっかり収集し理解を深めていくことが重要だと思います。自分に合った働き方ができる企業にめぐり合う機会になります。
  • わかりやすく話すこと。職種にもよりますが、自分の話しがわかりづらいと伝えたいことが面接官に伝わりません。土木施工管理の仕事でも多くの職人の方と関わるため、相手が理解できるようにわかりやすく伝えることが大切だと思います。
もっと見る

Q.9学生へのメッセージ(就職活動で大切なことや、就職活動のポイント等)

  • 建設業界は、就職活動時期が想像以上に早いため、学業と両立することが大変だと思います。後悔のないように、まずはスマホなどで企業を検索し、興味を持つことが大切だと思います。教授や就職課などを利用して、現在の流れなどを把握してください。
  • とにかく楽しみながら就職活動してもらいたいです。ESなどで思い悩むことはあると思いますが、そういうときにも楽しむ気持ちを忘れず、友人と意見を交わしながら、楽しく、積極的に就職活動をしてください。
  • 選考に落ちたとしても自分が悪いわけではありません。ただその会社との相性がよくなかっただけ。きっと自分に合う会社があります。落ち込まずに切り替える気持ちが大切です!頑張ってください。
  • コロナ禍での就職は大変ですが、自分の納得がいくまで頑張ってください。一人で悩まず、周りの人に頼ってください。また、自分も周りの人を支えてあげてください。応援しています。
  • 周りと比べずに、焦らず着実に、一つひとつの試験に挑んでください!自分の直感も大切に、会社をよく見てください!きっといい選択ができるはずです!頑張ってください!
  • 就職活動は自分が知らない世界を知るチャンスだと思います。社会人になってから、他の業界について知識がなさすぎると恥をかくと思って、就活中には何でも質問しました。企業の方は丁寧に優しく教えてくれるので、聞きたいことは素直に聞いた方がいいと思います。
  • 就職活動をしていると、自分が何をしたいのか、何が正解か分からなくなることもあります。まずは自分と他人に正直に向き合い、信じることからはじめてみてください。
  • 可能な限り多くの情報を集め、自分の将来設計・就職に対する願望と真摯に向き合ってください。難しければ他の人に相談したり、助けを求めても構いません。自分がやりたいと思える仕事に就職できるよう頑張ってください。
  • 両親や周りの意見を参考にするのはもちろん大切なことの一つです。しかし、働くのは自分自身なので、本当にやりたいことができる業界・企業を探してみてください。そこで、面接官に自身の熱意を精いっぱい伝えてください。自信を持って最後まで頑張ってください!
  • 就職活動は早めから始めることをお勧めします。ES提出の直前に考えはじめるのではなく、何度も添削することで、自分の伝えたいことが明確化します。準備はいくらしても叱られることはないので、考えられる不安要素はできるだけ潰しましょう。また、一緒に就職活動をする仲間をつくることも大切だと考えます。周りの同級生と進捗状況を共有することで、自分の立ち位置を知るきっかけにもなり、それがモチベーションにつながることもあります。
もっと見る
PAGE TOPへ