1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 石炭灰の有効利用
  4. 焼却灰への拡張:ペーパースラッジ焼却灰への適用

サービス・ソリューション

ペーパースラッジ焼却灰への適用

ペーパースラッジは、古紙から再生紙を再生する際に、製品にならず排水中に流出した短い繊維、タルク(石粉)などを濃縮脱水したもので、これを減量化・安定化させるために焼却した中間処理物質をペーパースラッジ焼却灰(PS灰)と呼んでいます。汚泥焼却灰と同様、有効利用の促進が重要な課題となっているPS灰についても、超流体工法を用いることで、圧縮強度10〜30N/mm2程度の硬化体ブロックを製造することが可能です。

※セメント添加率:C/(C+F)
C:セメント量(kg/m3
F:焼却灰量(kg/m3

セメント添加率と圧縮強度の関係

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ