1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 土木構造物の維持・更新
  4. 山岳トンネルの維持・更新:老朽トンネルの補修・補強

サービス・ソリューション

老朽トンネルの補修・補強

−豊富な施工実績を背景に、要求品質や諸条件に応じた最適な工法を選択−

補修・補強、復旧に関する対策工について、安藤ハザマは確実な施工実績を保有しています。
これらの経験をもとに、豊富な技術メニューから、トンネルの変状や劣化の状況とその原因、トンネルの規模などに応じた最も適切な工法を選択できます。

鋼板接着などによる覆工の補強

トンネル内部に鋼板をアンカーボルトで固定し、間隙を樹脂で接着することにより補強を行う方法で、特に内空に余裕がない場合には効果的な工法です。
トンネル全周の鋼板接着とロックボルト補強、止水・導水工とを組み合わせることによって、より確実な補強を実現します。

鋼板接着作業

施工前(左)と施工後(右):井川隧道

繊維シートによる断面修復

トンネル内面補強工法の一種で、炭素繊維シートやアラミド繊維シートなどを接着剤で貼り付ける工法です。材料自体が薄く、軽量であり、施工が容易であることが特長です。
写真のSトンネルでは炭素繊維シートによる断面修復を行うことで、短期間に確実な補強を可能としました。

断面修復作業

施工後の坑内:Sトンネル
(目地部補修工、炭素繊維シート補強工)

裏込め注入による補強

トンネル覆工背面に空洞が存在する場合に、空洞をセメント系材料やウレタン系材料で充填することにより、覆工に作用する荷重を正常な状態に戻すことを目的に実施する工法です。また、新材料である可塑性材料を用いることで、空洞部を確実に充填することが可能です。
写真のNトンネルでは、裏込め注入によるトンネル安定性向上対策と、内装板の取り替えによるトンネル機能改善を図りました。

裏込め注入作業

施工後の坑内:Nトンネル

目地・ひび割れの補修

開口した目地やひび割れに無機系または有機系の材料を注入することで、覆工の一体化を確保します。
注入材料や方法は湧水の状況やひび割れ幅などにより決定し、ひび割れを開口させることなく確実な補修を実施します。

目地・ひび割れ補修工

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ