1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. PCa
  4. 関連技術

サービス・ソリューション

関連技術

安藤ハザマが有するPCa(プレキャスト)技術の一部をご紹介します。

ACSS構法+PCa

圧縮に強いRC(鉄筋コンクリート)柱と、曲げに強いS(鉄骨)梁を独自のディテールで組み合わせる

圧縮に強いRC(鉄筋コンクリート)柱と、曲げに強いS(鉄骨)梁を独自のディテールで組み合わせたACSS構法。柱をPCa化することにより鉄骨造並みの工期での施工が可能です。

技術/研究へ

ARPC工法

PCaを柱と梁に適用した工法

安藤ハザマが得意とするPCaを柱と梁に適用した工法。工場で管理された高品質な部材を使用し、剛性の高い建物を短工期で建設することができます。

技術/研究へ

E-DAS工法

在来工法に比べてコスト3/4、工程1/3を可能にする工法

E-DAS工法は外殻プレキャスト(PCf)板に基礎配筋のスターラップ用溶接鉄筋網を一体化させることで、在来工法に比べてコスト3/4、工程1/3を可能にする工法です。

技術/研究へ

NAスライディングシステム

大型揚重機を用いずに採用することができるシステム

NAスライディングシステムは、市街地立地の中・小規模マンションのバルコニー・廊下などのプレキャスト部材を、大型揚重機を用いずに採用することができるシステムです。

技術/研究へ

高強度コンクリートPCa

高強度コンクリートPCa

RC建築の超高層化が進む中、使用するコンクリートも高強度のものが使用され、これに伴い高強度PCa部材の使用が一般化しています。こうした動きに対応し、安藤ハザマは既に設計強度100N/mm2の部材の製作実績を有し、更に120N/mm2の超高強度プレキャスト部材の開発を続けています。

Max-E工法

Max-E工法の開孔部周りの配筋状態

Max-E工法は従来法的に認められていなかった梁端部に設備配管用の梁貫通孔を設けるための開孔補強工法で、自由度の高い居室が実現できます。

技術/研究へ

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ