1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 建物リニューアル
  4. リニューアル技術:防水改修

サービス・ソリューション

防水改修

適切な時期に防水改修を

屋上防水は、直射日光・風雨・雪・霜などの過酷な環境に曝されており、耐用年数は、一般に建物躯体に比較して短く、建物寿命の中で何度か改修を行う必要があります。防水の耐用年数は、メンテナンス状況や環境条件などにより変わりますが、一般的には以下のように考えられています。

屋上防水の一般的な耐用年数

防水仕様 耐用年数

露出防水(コンクリートなどの保護層なし)

10〜20年

保護防水(コンクリートなどの保護層あり)

25〜35年

防水の劣化症状例

適切な時期に診断を

漏水すれば、不愉快な思いや財産の損失になるばかりでなく、躯体の耐用年数に影響を及ぼします。定期的に点検・診断を行い、漏水が生じる前に、適切に修繕を行うことをお勧めします。

診断→緊急対応提案・全面改修時期、方法の提案

改修方法

防水の改修方法には、撤去方式とかぶせ方式があります。既存の劣化状況などによる制限がありますが、かぶせ方式が優れていると考えられています。

(長所)

  • 騒音、振動が少ない
  • 廃棄物の発生が少ない
  • コストが比較的かからない
  • 施工期間が短い
  • 施工中の雨養生が簡易又は不用

(短所)

  • 荷重、旧防水の種類により適用できる新規防水が制限される
  • 既存の劣化が著しい場合、不可

かぶせ方式の特徴(撤去方式との比較)

改修工法の選定

以下の点を検討して、状況に応じた最適な工法を選定します。

  1. 屋上の使用目的
    歩行、非歩行、駐車場、スポーツ施設など
  2. かぶせ方式の適用の可否
    荷重、旧防水層の種類及び劣化状況
  3. 気候、環境
    温暖、寒冷、積雪、市街地など
  4. 施工の条件
    周囲への騒音・振動・臭い、降雪・梅雨などの施工時期、資材などの搬出入条件

非歩行用防水・簡易歩行用防水・屋上スポーツ用防水・屋上駐車場用防水

防水改修工法

撤去方式による防水改修では、既存防水層を撤去した後に、新たに防水層を設けるため施工手順は新築と大きく変わりません。一方で、かぶせ方式による防水改修では、既存の防水層の上に新規防水層を施工するために、下地となる既存防水層などの処理には注意が必要です。

かぶせ方式によるアスファルト保護防水改修

<ポイント>

  1. 保護コンクリートなどのせり上がり、ひび割れ補修
  2. 保護コンクリートなどの劣化した表面の処理
  3. 水溜まりなどになる不陸部、欠損部の処理
  4. 防水立上がり部の処理
  5. 伸縮目地の処理
  6. ドレン、配管廻りなどの特殊な納まり部の処理
  7. 新規防水層のふくれ防止のための脱気処理

診断報告書製本

かぶせ方式による露出防水改修

<ポイント>

  1. 既存防水層のふくれ、破損の処理
  2. 防水立上り部の処理
  3. ドレン、配管廻りなどの特殊な納まり部の処理
  4. 新規防水層のふくれ防止のための脱気処理

かぶせ方式によるアスファルト保護防水改修

新規防水層のふくれ防止のための脱気処理

脱気筒まで空気を持っていくまでの脱気処理方法の例

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ