1. トップページ
  2. サービス・ソリューション
  3. 建物リニューアル
  4. リニューアル技術:衛生関連改修

サービス・ソリューション

衛生関連改修

防かび・抗菌

建物がかびで汚染されていませんか?

かび菌は7万種類もあるといわれていますが、建物の中で検出されるかびは57種です。(世界微生物災害防止学会)
ここで用いるKB9という薬剤はこれら57種を含み、200種以上のかび菌、藻類、細菌に効果があります。
かび汚染が問題となる建物や、衛生が重要な建物を防かび・抗菌に改修します。

改修前→改修後

当社では、実験室レベルでの抵抗力試験のほか、実際の建物に試験施工を行い効果・持続性を継続的に検証しています。

性能の確認

改修の確認

主な施工方法
適応箇所
(仕上げ・材料)

施工方法

コンクリート打ち放し
レンガ・畳

薬剤を希釈し、材料表面に塗布し、含漫させる
コンクリート強化剤に薬剤を混入し塗布する

塗装仕上げ

シーラ・塗料に薬剤を混入し施工する

クロス

クロス糊に薬剤を混入し焼付け塗装する

シーリング
タイル目地

シーリング、目地材に薬剤を混入し施工する

焼付け塗装パネル

塗料に薬剤を混入し焼付け塗装する

ダクト内等手の届かない箇所

燻蒸処理する

既に「かび」の発生した箇所

「かび」を除去し、殺菌・漂白した後「防かび・抗菌」施工を行う

防かび・抗菌施工方法

受水槽改修

受水槽は衛生的ですか?

大切な飲料水を貯める受水槽が地下ピットに設置されていませんか?
地下のピットを利用した受水槽は衛生管理が大変です。昭和50年に建設省告示で水槽は外側6面から点検できるようにすることが義務付けられています。

受水槽

受水槽をパネルタンク式に
リニューアルするメリット 1.飲料水としての衛生品質保持
2.耐震性・安全性・耐久性の向上
3.容易な維持管理
4.法基準・技術指針遵守

受水槽をパネルタンク式にリニューアル

地下の受水槽の改修

まだ多くのビルが地下の受水槽に頼っています。

地下の受水槽の改修

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ