1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 土木に関する技術:道路・造成・土質・基礎

技術/研究

技術

技術研究所

道路・造成・土質・基礎

技術一覧

3次元GISを用いた精密施工法
現場運営に関わる意志決定支援システムで、3次元GISによる効率的データ管理により現場を支援します。
ディープ・バイブロ工法
(低公害型液状化対策工法)
水平振動による低公害型の液状化対策用地盤改良工法です。
高真空N&H工法
(真空圧密工法)
改良域を負圧にして、水分を吸い出すことで圧密沈下を促進する地盤改良工法です。
GPSと加速度応答値を用いた
土の締固め管理技術
GPSと加速度計による、高品質の盛土管理技術で、施工のロスを大幅に削減することが可能になります。
ボックスベアリング横引き工法
ボックスカルバートを所定の搬入口から吊りおろし、ベアリング(鋼球)とウインチによりレールに沿って牽引して、ボックスカルバートを敷設する工法です。
短期間立体交差施工技術「RAINBOW工法」
橋脚柱と基礎構造を一体化したパイルシャフト構造橋脚を採用することによって、工期短縮および通行車両への影響低減が可能な立体交差施工技術です。
モービル・マッピング・システム(MMS)を用いた土工出来形計測システム
土工事における切土・盛土の土量や移動先・移動量を定期的に把握する出来形計測を効率化するシステムです。

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ