1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 環境に関する技術:土壌環境修復

技術/研究

技術

技術研究所

土壌環境修復

技術一覧

鉄粉(DOG)工法
DOG工法は、スラリー化した鉄粉剤を地盤に注入または攪拌混合することで、土壌や地下水中のトリクロロエチレンなどの揮発性有機化合物(VOC)を分解無害化する浄化工法です。
バイオ分解処理工法
バイオ分解処理工法はトリクロロエチレンなどの揮発性有機化合物(VOC)、油、重金属などによって汚染された土壌や地下水を微生物の働きで浄化する技術です。
酸化剤分解処理工法
酸化剤分解処理工法は、化学的酸化力を持つ薬剤を地中に注入、もしくは原位置や掘削後地上にて薬剤を攪拌混合して、トリクロロエチレンなどの揮発性有機化合物(VOC)・油・難分解性有機化合物によって汚染された土壌や地下水を酸化作用の働きで分解・浄化する技術です。
ホットソイル工法
ホットソイル工法とは、トリクロロエチレンなどの揮発性有機化合物(VOC)によって汚染された土壌に、ホットソイル(生石灰など)を添加・混合し、発生する水和熱によってVOCを揮発・分離させて汚染土壌を浄化する工法です。
原位置抽出・揚水工法
原位置抽出・揚水工法は、揮発性有機化合物で汚染された地盤に対し、・不飽和帯の揮発ガスを吸引(土壌ガス吸引)・飽和帯に空気などを注入して揮発を促進(エアースパージング)・地下水揚水、などにより汚染地盤を原位置で浄化する技術です。
掘削除去処理
汚染土壌を掘削し、汚染土壌浄化施設、セメント工場、最終処分場等に搬出します。搬出先は汚染状況やコスト等を考慮して適切に選定します。
不溶化処理
不溶化処理は、重金属による汚染土壌に、安全で無害な薬剤を混合することにより有害な物質が水に溶け出さないようにする技術です。
土壌洗浄処理
土壌洗浄処理は重金属等で汚染された汚染土壌を洗浄・分級して清浄土と汚染物質に分離処理する技術です。
多孔管方式高圧噴射置換工法
気泡を含んだ超高圧水を地盤中で噴射して重金属汚染土壌を切削し、強制的に地表に回収します。切削後に硬化材入り充填材を充填して汚染土壌と置き換え無害化する工法です。
原位置封じ込め措置(鉛直遮水工)
汚染土壌を地下遮水壁で囲い込むことによって、汚染土壌および汚染した地下水を原位置に封じ込め、汚染の拡大を防ぐ技術です。
バイオ処理(水銀)
水銀耐性を飛躍的に向上させた鉄酸化細菌を用いることで、水銀汚染土壌から水銀を気化分離する技術です。
ジオメルト工法
ジオメルト工法はダイオキシン類やPCBに汚染された土壌・汚染物中に電気を流すことによって高温溶融し、有害物を分解・無害化する技術です。
油含有土壌処理
油含有土壌の浄化工法としては「バイオ処理」「土壌洗浄処理」「酸化剤処理」などがあり、油の種類および各種条件(土質、地下水位、油の濃度や分布、工期など)を考慮して工法選定します。
POPs埋設農薬処理
地中に埋設処分された農薬を、電気抵抗式の溶融法(ジオメルト法)または1000℃以上の温度による焼却法などで無害化処理する技術です。
遺棄化学兵器処理
日本ではほとんど例のない、老朽化した化学兵器の除去工事を経験している安藤ハザマでは、調査から分析・処理に至る一連のシステムを確立しています。

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ