1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築基礎
  4. SRパイルアンカー工法

技術/研究

技術

技術研究所

SRパイルアンカー工法

SRパイルアンカー工法とは

既製コンクリート杭の杭頭に発生する曲げ応力(モーメント)の低減を簡易な部材構成のみで可能とする杭頭半剛接合工法です。モーメントの低減により基礎の低コスト化が可能になります。

*財団法人日本建築センターによる一般評定(BCJ評定-FD0229-03)を取得

こんな課題をお持ちのお客様に

  • 同じ耐震性能で建設コストを下げたい

特長

  • 優れた耐震性能
    杭頭を基礎に剛接合する従来の工法とは異なり、SRパイルアンカー部材は定着筋(丸鋼)と定着板で構成されています。丸鋼(SNR材)を使用するため、コンクリートとの付着がとても小さくなります。付着が小さいことから定着筋の埋め込み長さ全長にわたる引張力により定着筋が伸び、杭頭接合部が回転し、杭頭に発生する曲げ応力が低減されます。
  • 施工の省力化と低コスト
    PHC・PRC杭では、杭頭にアンボンドアンカーをスタッド溶接、またはねじ込みにより接合します。SC杭では、スタッド溶接、ねじ込みに加え、カップラーを取り付けてねじ込むことができます。また杭の飲み込み高さも小さいため、基礎部分の施工が容易となり、工期を短縮できます。さらに杭、基礎梁のサイズダウンが可能であり、従来工法と比べ杭頭筋の本数を減らすことができるため、コストの削減が可能です。

※本工法はSRパイルアンカー工法研究会の開発によるものです。

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ