1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築基礎
  4. PSP工法

技術/研究

技術

技術研究所

PSP工法

PSP工法とは

ソイルセメント柱列壁を建物外周部において山留め壁を兼ねた支持構造物として利用でき、従来の杭の本数を削減またはなくすことができる省資源化、環境負荷の低減に寄与する環境配慮型の工法です。

*財団法人日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得

こんな課題をお持ちのお客様に

  • 地下工事の建設コストを下げたい
  • 地下工事の工期を短縮したい
  • 環境経営に向けて環境に優しい工法を採用したい

特長

  • コストダウン
    杭の本数を減らすことができるので、コストダウンが可能です。
  • 工期の短縮
    山留め壁と同時に連続しての施工が可能で工期短縮が図れます。
  • 省資源化
    仮設材であった山留め壁の芯材(H形鋼)を本設利用できることおよび杭本数の削減により省資源化が図れます。

PSP工法模式図

PSP工法イメージ

[従来]

[PSP工法]

従来のソイルセメント柱列壁は、地下掘削工事の際の山留め壁としての機能を有するのみで、このほかに通常の杭が必要でした。

PSP杭は山留め壁を兼ねつつ、支持構造物としての機能を発揮することから、従来の杭の本数を削減、またはなくすことができます。

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ