1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築設備
  4. 重層・大スパンクリーンルーム

技術/研究

技術

技術研究所

重層・大スパンクリーンルーム

重層・大スパンクリーンルームとは

重層構造によって敷地の有効活用はもとより生産工程間の搬送を垂直として短くし、効率的な物流動線を実現します。また大スパントラスによる大空間は、様々な生産機器レイアウトのフレキシビリティを可能にします。

※特許(特許4213684)を取得

こんな課題をお持ちのお客様に

  • 工場建設で敷地の有効活用・効率的な物流動線を実現したい
  • 大空間によるフレキシブルで効率的な生産スペースを確保したい
  • 工場内での微振動対策・制御をしたい

特長

  • 敷地の有効活用・効率的な物流動線
    重層構造によって、敷地の有効活用はもとより生産工程間の搬送ラインを垂直にすることで距離を短縮し、効率的な物流動線を実現します。
  • 微振動対策に弾力的に適応
    重層・大スパントラス梁において、上層階の床受け梁に部材を追加して部分的にトラス構造とする可変梁成トラスを採用することにより、必要に応じて梁剛性を高め、微振動対策に弾力的に適応できます。
  • 剛性を確保
    30mを越える重層・大スパントラス梁構造において、従来モデルでは剛性が不足する外柱をダブルコラム(トラス柱)として剛性を確保します。また、ダブルコラムに囲まれたペリメーターエリア内を、リターンエアチェイス・見学者ギャラリー・自動搬送装置の待機所等として多目的に活用できます。

イメージ図

可変梁成トラス概要

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ