1. トップページ
  2. 技術/研究
  3. 建築に関する技術:建築構造
  4. ハイブリッド構造

技術/研究

技術

技術研究所

ハイブリッド構造


ハイブリッド構造とは

剛性が高い「鉄筋コンクリート」と軽量で広いスパンを構築する「鉄骨」。ハイブリッド構造は、これらを組み合わせて使用することにより、それぞれの能力を最大限に発揮できる構造形式です。
安藤ハザマは、保有するハイブリッド構造の技術を物流施設・医療施設・商業施設をはじめとするさまざまな建築物に提供します。


特長

  • 高品質で大空間の建築物を構築することができます

    RC造建築物の一部の梁に鉄骨を用いることにより、高品質で大空間の建築物を構築することができます

  • コストダウンを図ることができます

    鉄骨材、鉄筋コンクリート材を自由な形式で選択できるため、コストダウンを図ることができます

  • 短工期にて施工できます

    柱にプレキャストコンクリートを採用することにより、S造と同等の短工期を実現可能です。

  • さまざまな工法との併用が可能です

    建築物の要求性能に応じて梁の構造形式を適材適所に自由に選択することができ、免震やブレースそしてプレキャストコンクリート等の工法とも併用可能です。



1. 梁の構造形式を自由に選択可能
2. 建築物の一部にも採用可能
3.構法の組合せも自由に選択可能

APRSS構法

AHBS構法


施工事例

東京航空計器本社工場


構造

RC造+S造(AHBS+APRSS構法)


大東物流センター西側倉庫建替および第2倉庫改修


構造

RC造+S造(APRSS構法)


APRSS(エープラス) 構法とは

RC造柱とS造梁またはSRC造梁との接合構法です。
従来は柱と梁の構造形式を同一とする必要がありましたが、本構法を適用することにより、柱をRC造としながら、梁をRC造、S造、SRC造から選択することができます。


AHBS(アービス) 構法とは

スパン中央をS造とし、材端部をRC造またはSRC造とする複合構造梁の構法です。
本構法の特徴は、作用応力が大きくなる材端部の剛性や耐力を確保しつつ、スパン中央部をS造とすることで自重の軽減やコストダウンを図っている点にあります。


安藤ハザマのハイブリッド構造の特徴 −ブレースや免震との組み合わせ−

従来のブレース施工では、ブレースがRC 柱と干渉することが課題とされていました。
安藤ハザマのハイブリッド構造では、柱側面から離した位置にブレース取り付けが可能です。

  • メリット

    1. ブレースとの干渉を避けて柱の施工性向上が可能なため、工期を短くすることができコスト削減を実現できます。
    2. 免震やプレキャストなどの工法とも併用可能です。


  • 梁材端部詳細イメージ

ブレース無偏芯

ブレース偏芯


建築技術性能証明

APRSS 構法性能証明書

AHBS 構法性能証明書

この技術に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ